スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BIG BOY

いつものことながら楽しい香港の街歩き。
最近のヒットはこの看板。

DSC05883.jpg


もうすぐオープンするお寿司屋さんみたいやねんけどさ。
英語でComing Soonの日本語訳を無理くりにつけて
『 すぐに来ること 』
・・・・いや~、すぐに来ることっていきなり言われてもなぁ。
すぐ来いよってか???
これって、間もなく開店って言いたかったんやろうけど
こんなにデカデカと・・・
誰か言うたれよ。
しかもお寿司屋さん。
この看板を見た時点で、ああ、なんちゃって寿司なんやなぁと
思われてしまうがな。
開店前から、前途多難か、淳寿司!
いやいや、どんなもんか、オープンしたら見てみたい気も
するけんどね。

そして、広告と言えば、今、香港で老若男女の間で
ホットな話題になってるのは、やっぱりあれよね、あれ。

おっと、話しをすすめる前に、ひと言、注意書き!
 
    
**ここから先、下ネタ多発区域につき、下ネタ苦手な方はご注意を!**


さて、お待ち~♪
こちらが、今香港で一番ホットな広告! BIG BOY!

DSC05973.jpg


すごない?
世界に日本が誇るコ○ドームメーカーのOカモトさんの広告。
バックに馬。
股間に大馬!
キャッチコピーがWhat a BIG BOY! でっせ。
これがね、もうね、地下鉄とかにバンバン貼ってあるねん。
あたしも知らんかってんけど、見た連れたちが
それで大盛り上がりをしてて、あたしも慌てて(?)
地下鉄乗りにいったがな。

あった、あった! エスカレーターでのぼって行く横に
何枚も並んでるがな!
すっごおおおおい!
エスカレーターに乗ってる人はみんな、それに目が釘付けで
通りすぎても振り返ってまだ目で追う人が続出。
後ろから見たら、団体見返り美人状態。

と、言いつつ、噂の広告をあたしも見て大満足。
・・・・でもジャーナリスト( 誰が? )としては、
やっぱり写真にとりたいよなぁ。
下りのエスカレーターに乗ってもどり、またエスカレーターに
乗りなおす。
・・・・でもな、知ってる人もおるかもしれんけど
香港のエスカレーターむっちゃスピード速いねん。
だいぶん手前から構えてても、ぶれぶれになる。
( 不気味な女やな~、しかし。)
・・・・ええ、わたくし、2回も往復して挑戦しましたのよ。
でも、やっぱり、思ったような絵はとれん!!!!
篠山紀信子としは納得がいかんもんは人様にお見せできんからね。
あきらめかけたら、やっぱり天はあたしを見捨ててなかったわ~。
( 見捨てたってもええと思うよ )
違うエスカレーターの上り口の一番手前に貼られてるのを発見♪
じっくり構えて撮ったあるよ。
・・・ちょっと恥ずかしかったけどね。
うんにゃ、これは芸術、アートやけんね。
アートに恥ずかしいもへったくれもあらへん・・・はず。

ちなみにこの馬サイズ。
今までの最大直径32mmが5mmアップで37mmになったらしい。
と言うて、わたくし、ち○ち○は残念ながら持ちあわせが
ないんで、このサイズがどうなんか、まったくピンときましぇんのん。
残念☆

まぁ、これを購入の殿方は是非気をつけていただきたい。
俺様馬なみだぜって見栄はって買うてね、
ルーズソックスみたいになったら、ごっつい恥ずかしいからね~。
と言うてソックタッチ使うわけにいかんからね~。

いつものことながらおもろい街角、香港。
ええ味だしてまっせ~。

ここで一句: 何を言う 俺様にかなう わけなかろ! ( by 本物の馬さま )

週末の銀ちゃん

排便・排尿 : ○
ご機嫌   : ◎
食欲    : △ ( 少し全体的に食欲が落ちている )
眼振    : 少
斜頚の角度 : 僅かに改善??

土曜日は4度目の鍼治療。
今回は鎮静剤をいつもより少なめにしてもらうようにお願いする。
なだめる時間がいつもよりかかったので、半分の本数しか
うてなかったとのこと。
施術してる間、しきりに歯をならす。
これは初めて見たので、少し不安になるが、施術後は特に
問題なかったようだ。
ただ、食欲が少し落ちてるので、やはり歯に何か問題が
でてきたのかと少し心配。

午後にはオーストラリアから帰国したドクターに会いにいく。
予約の電話の時に、今回は銀ちゃんを連れていかないことを
伝え、今与えてる薬などをもってくることとの支持を
もらってはずなのに、肝心のドクターには伝わってなかったようで
動物も連れてこないで私に何の用事があるのとかなりoffensive。
その後の私たちの話し方も悪かったのかもしれないのだが
私には診てあげないといけないクライアントがいっぱいいるのに
あなた達に鍼の講義をしてる暇などないと言われてしまう。
病院に連れてくるのがストレスになって症状に良くないかも
しれないから、先に治療方針について相談したかったのだが。
何も収穫がないまま悲しい思いでクリニックを後にする。

この悲しい気持ちに反して、銀ちゃんの調子はかなり良い。
薬をあげたあと、ケージの前におろしてみたら、自分で
よじ登るようにしてケージにもどった!
首の傾きも5度ぐらいよくなったような。

今日は思い切って真ん中の仕切りをとって、もとの
2つの拡張ケージにもどす。
すごく嬉しかったようで、怖がりながらも、ゆっくり
行ったり戻ったりが出来た!!!
ケージの外と中の出入りができるようになるのも、もうすぐ??

ペレット入れも、下に置くのではなく、元の様にケージの網に
かけるようにしてみたところ、問題なく食べれた。

排便が少し小さくなり、食欲が落ちてるのがやや心配だが
他は良好とみられる。

今日は遠い方のクリニックのドクターが電話をくださり
抗生物質の投与期間について相談。
今の状態を説明したら、とりあえず今の分がなくなれば
抗生物質は打ち切っても大丈夫ではないかとのお話し。
あと1週間分ほどはあるので様子をみるつもり。

お昼にナミビンちゃんご夫妻が家に来て、1週間前にも
銀ちゃんを見たナミビンちゃんが、すごく回復したよと
言ってくれる。
とっても嬉しい。

ホメオも漢方、抗生物質、フェンベンなども、すごく嫌がり
上手に逃げるようになってきた。
たいへんだが本当に元気が出てきた証拠だと嬉しい。



スポンサーサイト

有る無し生活

あたしの好きな言葉は無添加。
って言うか、無添加もん贔屓やったんよね。

これはオカンの影響もあるんやと思うねんけど
ちいちゃい時から、食べるもんの添加物とかには
結構うるさかった、うちのオカン。
幼稚園ぐらいの時は、よその子のお弁当のウインナーは
可愛い赤いタコちゃんやのに、あたしのウインナーは、なんで
う●こ色なんやろうと淋しかったりしたけんど。
着色料とか香料とか、必要のない添加物はできるだけ
入ってないもんをというオカンのポリシー。

一番悲しかったのはカップヌードル。
あれが発売されたとき、食べたあて、食べたあて、どんだけもだえたか。
でもオカンからしたら、添加物どっちゃりであろうそれは
子供には禁断の食べもの ( オカンは食べててんで! )
近所のお店の店先に並ぶカップヌードルが
燦然と光り輝いて見えたものよ。

まぁまぁでも物心ついてきたら、食べるもんはオカンの
無添加教にしっかり洗脳されたかも。
かくて、正しい ( ? ) 無添加生活を送ってたんやけど
今度はもうちょっと番茶も出花になった頃、食べもんだけやなくて
化粧品の添加物も身体にようないというのを何かで読んだ。

それまではケミカル添加マジックばりばりのS生堂さんを愛用してたけど
路線変更!
身体の中に入るもんだけやなくて、外に塗るもんも添加レス路線。

もうね~、広告に踊らされるってこのことやと我がでも思う。
おりしも巷でも 『 無添加 』 とか 『 自然派 』 とか言うのが
脚光を浴びだしてたのよね~。
あらっ、やっぱり身体にええのねっと、そらもう踊らされる、踊らされる、
クルクルよ。

そんな添加物ナイナイ生活を送っててんけど、はたと、ある日思うたあたし。
悪いもんが入ってなくてだけやなくて、プラス、ええもんもいっぱい入ってるもんが
欲しいわと!

それはなあに?

思いついたのがオーガニック系。

まずは、エステシャンの連れがここの製品は優良とおすすめしてくれた
ジュリーク様から入門!

・・・・・見事にはまる! ( ほ~んまに単純 )
いや、でも、ほんまにね、ジュリーク様のHervery Recovery Jelって
いうのん使うたら、次の朝には違いのわかる女になるのよ、あんさんっ。
ああ、あなたにもう5年早く出会っていたらとタラコクチビルかんだわよ。

それからはオーガニックという言葉がキーワード。

こちらは食べれるコスメと言われるThe Organic Pharmacy♪





食べたことはないけんどね。
もし誰か試食されたら、是非、どんなお味か教えてちょいな。

あと、これも良かった。
びっしびしのロハス派のステラ・マッカートニーがプロデュースのこちら。

DSC05740.jpg


なんかね、匂いもSPAなら、仕上がり感も
今ちょっとSPA行って来たし~って感じやのよね。
( ほんま~? 大げさやからなぁ。 )

あとね、難しかったんはシャンプー。 
自然派・オーガニックを謳うてても、なかなか界面活性剤とシャンプーさんは
縁切りできへんようで。
やっと見つけても、やっぱり使いごごちがイマイチやったりね。
思えばあたしのシャンプージプシーは長かった・・・・

それが偶然ちょっと見つけたこちらが大ヒット!!!


nhs380.jpg


名前がすごいやん! ジョンマスターのオーガニックやで!
・・・・ジョンって誰?
まぁ、ええがな。
このシャンプー! あたしの髪質にはドンピシャ!
海面活性剤フリーやからアワアワ感ないけど、キシキシせえへんのよっ!
もうねっ、洗ってリンスする前の時点でチュルチュルで
採れたて新鮮わかめちゃんのよう♪
うふふふふふ。
探し、探し求めてぇぇぇぇ、ひとり、ひとり、さまよえばぁぁぁ♪
出会っちゃったもんね、もんね。

え??? 肝心なこと忘れてへんかって????

もちろん、忘れておりませんともっ。

         ジャ~ン!!

DSC05889.jpg


もちろん姫のお野菜もオーガニックだぜっ! ベイビィ~♪

かくして、かつての添加物ナイナイ派から、オーガニック有機有り有り派へと転向!
・・・・次は何に凝ることやら・・・ 


ここで一句: しばらくは 有り有り生活 いいあるよ~ ( なんのこっちゃ☆ )


本日の銀ちゃん

排便・排尿 : ◎
ご機嫌   : ○
食欲    : ○ ( 今朝、ペレット、干草をあまり食べず )
眼振    : 少
斜頚の角度 : 変わらず90度

ほんの少しだが、はねるような動作をしているような。
足取りはかなり固まり、発症前と同じぐらいの速さで
ケージ内を動くこともある。
ローリングもへり、何かに気をとられて上体をおこし過ぎたときぐらいしか
おこらなくなってきたような。
ペレットをあまり食べなかったのが気になったが、野菜はもりもり食べ
排便も快調なのでよしとすることに。
昨日から、小皿ではなく、もともと使ってたペレット入れを床に
置く形で与えてみてるのだが、それがまだ首に負担なのだろうか。

母が大阪でエキゾチックアニマル専門クリニックを見つけてくれた。
鍼灸治療もされてるかどうかを問いあわせすることに。

温灸は嫌がるようになったので休止。( 良くなってくると嫌がるように
なると読んだので )
爪楊枝ツボ押しを続ける。しかし、ツボにはまってるのかどうか
よくわからない。自分のツボならわかるのに。

火龍

昨日は中秋の名月。
ここ香港では旧正月につづくぐらいの大きな祭日。
公園には出店が出て、灯篭を持った子供や大人が街にはいっぱい。

うちのアパートのロビーの天井にも提灯飾り。

DSC05961.jpg


中々、風情があってよろしいなぁ。

灯篭も色んな種類があって、ビニールのキャラクターもんとかも
あるみたいやけど、やっぱり、うさ飼いとしては
これでしょう!

DSC05888.jpg


お月見と言えばウサちゃんやもんねぇ。
このウサちゃん灯篭は愛しのGod Daughterのハナ姫からもうたのよん♪

日本でお月見って言うたら、すすきとお団子でしっとりしてるけど
香港は中々、派手なのよね~。

うちのアパートのすぐそばでは毎年、ドラゴンダンスのパレードがある。
それもね、普通のドラゴンとちゃうで。
火龍! ファイヤードラゴン!!! 

家にいても、お囃子やら、見物に来てる人の賑わいが聞こえてくる。
折角やし、あたしもアッパパーにビーサン姿で、ちょっと覗きに。

いや~、すっごい人!
見えるのかちらん? と思いながら、そこは何て言うたって
浪花のおばちゃんやからね、ぐいぐいと人並みをかきわけ
前から2列目に陣取る。

ドラゴン様が登場する前のパレード。

DSC05899.jpg


チャイナ服姿の女の子達がかわいい。

肝心のドラゴンは中々現れん。
待つことしばし。
ひときわ高まったお囃子と共に火龍登場!!!!

おおおお、激写よ、激写!!!

・・・・思ったより動きが早いドラゴン様。
シャッターチャンスを逃すの巻☆

この火龍、お線香で出来てる。
頭は無数の火のついたお線香が逆立ち、胴体と尻尾は
長~~~いしめ縄みたいなんに、これまた、お線香のたてがみ。

たくさんの男衆がこんな風に支えながら練り歩く。

DSC05915.jpg


火もついてるし、ようさんの人が数珠つなぎになってるのに
結構激しいドラゴンダンス。
棒で支えてないサポート役のおじさんも、見物客の方に暴走したりせえへんように
周りでウロウロ。

DSC05923.jpg


こういうのんって、先頭も見せ場なら、しんがりも見せ場らしく
尻尾の先を担当してたおっちゃんは、かなりのハイテンション。
かなりの重さやろうに、跳ぶように練り歩く。

DSC05925.jpg


まわりから飛ぶ、かっちょええ~の声。

と、行ってしまったと思ったドラゴン様の頭が向きを変えてもどってきたじょ~。

DSC05936.jpg


すごい迫力。
ゴジラの映画みたい。

今度は逃さずに、ドラゴン様、激写!!!

DSC05937.jpg


飛び散る火の粉に息をのむ見物客。

DSC05940.jpg


いやぁ~、迫力どした。

しかし、ほんまに派手よね。
日本のしみじみしたお月見とはほど遠い。
お国変われば、こうも違うのね。

さて、肝心のお月さんはどこ?
いつものことながら高層ビルで切り取られた香港の空は
お月さんを探すのも一苦労。
目を凝らして、少し空が明るくなってる方向に向って、てくてく。
ビルの陰から、やっとお月さんが見えた!!

DSC05958.jpg


きれい。
心にしみいるよう。
ふりつもる静かな光。
お月さんの見えない音に囲まれる。
しんしんと。
思わず手をあわせる。
うさぎ、うさぎ何みて跳ねる。
また銀ちゃんが、ぴょんぴょん元気にとびはねられますように。



ここで一句 : ふり仰ぐ 横顔白く 月明かり


本日の銀ちゃん

排便・排尿 : ◎
ご機嫌   : ◎
食欲    : ◎
眼振    : 少
斜頚の角度 : 変わらず90度


まだケージから出てこれない銀ちゃん。
入り口に段差がないようにクッションなどをおいてみるが
2歩ほど進んでやっぱり戻る。
撫でてもらうおねだりは盛ん。ケージの入り口近くのタオルに
頭をのせて待っている。

自宅で鍼をするかわりに、爪楊枝のとがってないほうで
ツボを刺激すると良いというのを読み、ツボの図を見ながら
試してみる。
力の入れ加減がわからないので、自分の手の内側で試しながら
押してみる。
気持ちいいのか悪いのか、よくわからないが、とりあえず
黙ってじっとしている。

土曜日にオーストラリアに鍼セミナーに行っていたドクターの
アポをとる。
今回は銀ちゃんは連れていかず、治療方法についてお話をきかせてもらうつもり。

母に、自分で鍼治療をしてみようかと思ってる旨を伝える。
無理なことではないとのこと。
NYの帰りに大阪で誰か教えてくれるドクターがいないかを
鍼灸仲間に問い合わせしてみてくれるとのこと。

電気鍼の注文は鍼免許を持ってる人への販売しか出来ないということなので
母から注文してもらう。

銀ちゃんは、足元もかなりしっかりし、ローリングもへった。
歩けないのではなく、歩くのがこわいのではないかとも思う。
首の曲がり以外はかなり良好な状態。
反対に、他が回復したということは、斜頚は症状固定してしまったのではと
不安。




もしも言葉がはなせたら?

みなさま、うちの姫、今朝、見事に足ダン成功!!!
いや~、びっくり。
こんなに早く足ダンできるようになるなんて。
まだ首も直角、足元おぼつかなくてローリングもするのに
足ダンができるやなんて!
・・・・・やっぱり、めっちゃ気きつい? うちの姫??

う~ん、足ダンができたらアルコール解禁のドンペリタワーと
公約してたけんど、ちょっと今の回復ぶりではまだ勝利の美酒と
いう感じではないような。
せめて思うように歩けるようになって、首も全快とまでいかんでも
45度ぐらいまで戻るまで、やっぱり禁酒にしよ。
中途半端でお祝いしたら、回復も中途半端になりそうやし。

しっかし、元気なときから足ダン連発やった姫。
おやつ、はよくれと足ダン。
うるさいわねっと足ダン。
かまいなさいよっと足ダン。
抱っこしないでよっと足ダン。
あんさん、ようそんなに文句ありますなぁっていうぐらい
事あるごとに足ダン☆

発症してからの、よろよろした足取りを見て、あの姫名物の
足ダンがまた聞ける日がくるのかしらんと、ブルー入ってたけんど
こんなに早くも復活☆
まさか歩くより先に足ダンができるようになるとは。
姫的には回復の優先順位はそっちが高かったんかいな☆

それを思うとね。
病気になった時とか、ああ、姫が言葉がしゃべれたら、
どこが調子悪いとか、痛いとか、原因になりそうなこともわかるのに。
辛いことを伝えられんと、何て不憫とかって思うてたけどさ。
もし姫が言葉をしゃべれたら、それはそれで大変やったかも。

なんせ、びびりのくせに気がきつく ( ほんまに誰に似たのかちら? )
文句言いで、いつでも自分が一番やないと気がすまない姫。
しゃべれた日にゃぁ、

痛いわよ、 しんどいわよ、
ここさすって、ここもんで、
この干草まずいわよ、
薬なんて飲まさないでよ、失礼しちゃうわね、
もっとおやつちょうだいよ、
あんた何手を休めてんのよ、ずっと撫で撫でしなさいよ、
ほんと気が利かないわねぇ。
あたちは病ウサなのよっ! 病ウサッッ!

と、きっと細腕繁盛記もびっくりなことになるだぎゃぁ。
あ~、こわいことであるよ。
ガラスの心のナイチンゲールには耐えられまっしぇんのん。

まぁね、でもね、ドリトル先生をはじめとして
動物と話せるっていうのは確かにロマンがあるけどね。

今回、斜頚で色んなブログやHPにお邪魔して、
日本にドリトル先生がいてはるらしいというのを見つけた。

診察してると、うさちゃんが、そのドクターに話しをするようで
こんなこと言うてますよ~って教えてくれるらしい。
それが飼い主の部屋の様子や、そのウサチャンの日課のことなど
ドクターが知るはずのない内容らしい。
ほんまにね、世界は広く深い。
色んな能力を持ってる人がいてはるんやね~。

あたしも銀ちゃんを連れていってみたいけど・・・
あかんな~。
うちの家の様子なんか姫にべらべら喋られたら赤っ恥確実。
特に危険なんはケガニちゃんネタかな。
裸族のケガニちゃんは、一糸まとわぬ姿で家を徘徊し
よう姫のケージの前で、元気づけのセクシーダンス~!
とか言うて、フリフリ踊ってるのよね。
毛深いたこ焼が見苦しいとかってドクターに訴えられたら・・・
ああ、情けない☆

おほほほ、やっぱりね、沈黙は金なり。 
寡黙な女の方がミステリアスでよろしおま。
もしも言葉が話せたらというのは夢のままにしときましょと
足ダン連発の姫を見ながら思う今日この頃。


本日の銀ちゃん

排便・排尿 : ◎ ( 今朝は軟便なし! )
ご機嫌   : ◎ 
食欲    : ◎
眼振    : 少
斜頚の角度 : 変わらず 


 日本の鍼メーカーさんから電気鍼の件で返事をいただく。
香港に代理店があるとのこと。
そちらで注文すれば手間も時間も大幅に短縮できる。

 オーストラリアに鍼治療セミナーにいってた獣医さんと連絡がとれた。
彼女はメッセージを特にくれていないと。
ケガニちゃんの勘違いやったようだ。すごく爆想してしまった分、がっかり。
でも彼女は麻酔や鎮静剤なしで鍼治療をしている。
やっぱり一度、直接話しをききにいこうかなと思う。

自分で鍼治療という考えも捨てきれない。
東京か大阪で鍼治療を教えてくださるドクターがいないだろうか。
もし、見つかれば、NYの帰りに寄るという道もある。

カニ姫の式まであと3週間ちょっと。
日程、留守中の銀ちゃんのケアなど、考えても考えても
答えが中々出ない。
最善の道を選びたいが、どれが最善かわからず。


達人ガールズ

達人ってかっっちょええよね。
何かしら道を究めてる人。
香港って専門店が多いからさ、師匠と思わず呼びたなる渋いおっちゃんが
ようさんおるんやけどさ。
週末は達人ガールズに二人も出会い、ほおっとうならされましたん。

一人目は銅鑼湾の靴屋さん。
ここはちっちゃいお店やけど、オーダーメイドができる。
実は結婚式の時もウェディングドレスと同じ布で靴作ってもうたん。
なんせ、あたしの足は外反母趾やし、はば広うて甲高の
ドナルドダッキーな足。
間違ってもシンデレラにはなれん。
と言うか、どんなに舞踏会で盛り上がってええムードになっても
あたしが落とした靴なんぞを見た日にゃぁ、げ? こんな
どえらい靴? って王子さんの百年の恋もさめるであらう。
残念☆
落とすなら、靴とちゃうもんにしようと思うのだよ。
パンツとか? あかん?

・・・話しがまたそれたけどさ、この靴屋さん。
今回はカニ姫の結婚式の靴のオーダーに。
ブライドメイズ全員お揃いをカニ姫がオーダーしてくれるって
言うてくれてんけど、いかんせん、試着せんと靴を買うなんて
ダッキー足のあたしには危険すぎる賭け。
普通の幅の靴なんて、足をちょきの形にしても入らんことが
しょっちゅうやのにさ。
で、カニ姫にそのオーダーする靴のサイトを送ってもらい
こっちで同じようなんをコピーすることに。

なんと試着用の仮縫い靴を先に作ってくれるらしい。
それでOKやったら、本番用を製作。
そこで痛いとことかをきっちり調整できるって按配よ。
すごいなぁ~。
デザインを打ち合わせする時も、素材、色、長さ、深さ、
ヒールの高さ、形などなど、それは細かくアドバイスしてくれた。
ほんまね、おねえさんの靴にかける情熱が伝わってきたのよん。
ほんで何より嬉しいのがお値段。
仮縫いまでしてくれて、材料費も全部こみで1万円もせえへんのよ!
むっちゃお得やと思わん????
こういう時、香港好き好きと身悶えてしまうのよね。
この靴屋のおねえさんはどう見てもまだ20台と思われる若い可愛い子ちゃん。
でも靴の達人なのよね。
しびれるわ。 ( しびれとけ )

日曜に達人ガールにしびれてたら、また別の達人ガールに出会うた昨日。
ちょっとおつかいに出た先で、ふと目にとまった日本茶屋さん。
そう言えば、玉露に恋焦がれて、オカンに送ってもうたけど
淹れ方が悪いんか、イマイチあの甘みがないのよね~。
ちゃう葉っぱを買うてみようかなっとふらふらっとお店へ。
そこにはこれまたうら若き日本人の店員さん。
葉のちがい、生産地からの味のちがいなどを
すらすらすら~っと説明してくれはる。
おぬし、やるな!
玉露、煎茶、アイス煎茶もその場で淹れ方のお手本を
見せてくれはって試飲。
お、おいしい!!!
あらためてお茶って繊細なもんやったのねと目うろこ。
こうやって、ゆったり繊細にいれたお茶のおいしいこと!!!
いらちのあたしには難しそうやけど☆
と言いながら玉露2包み、煎茶1包みをお買い上げ、ち~ん♪

でも問題は温度よね。
煎茶には60度、玉露には50度が適温らしい。
やっぱり温度計がいるかちらんとかって思う掘り症の
あたしの前にしずしずと運ばれてきた2つのお茶碗。
中味はお白湯。
????と思ってたら、片方は玉露の適温50度のお湯。
もう一方は煎茶の適温の60度のお湯。
お茶達人おねえさん曰く、お茶だと味とか香りにどうしても意識が
いってしまって、温度というのがわかりにくいですが、
お白湯だと温度がよくわかります、舌でこの温度感を覚えて
お茶の葉を入れる前にお湯を飲んでみれば
温度計入りませんよとのこと。
飲んでみる。
ほっほ~うう。
確かに、お白湯やと温度がわかりやすいかも!
60度はほんまに丁度いいぐらいの喉ごしの熱さ。
50度は、ん?これちとぬるいっていうぐらいの熱さ。
これをね、覚えるのだよ、わが舌よ。
頼んだぞ。

しかしお茶を入れる際の温度の実技指導までしてくれはるとは
お茶への愛が感じられるわ。
きっとお茶を美味しく飲んでほしいんやろうなぁ。
あたしも達人の手ほどきで、今までよりは美味しくお茶がいれられるかも。
おばちゃん、がんばるからね~。
ありがとうよ~。

やっぱり道を究めた人は素晴らしい。
あたしも何かの道を究めて達人とよばれたいものよのうと
しびれながら思うた週末。


ここで一句: こだわりが あってこその 達人道
( 美しいこだわりは美しいものを生む! )



週末の銀ちゃん
( 実は週末、家のワイヤレスがめげてしもて、1分ごとぐらいにぶち切れるんで
コメントはできても、アップが無理無理でしたん。 
PCの前で何で切れるんじゃ~と、あたしもぶち切れてましたん。 )

排便・排尿 : ○ ( 今朝、やや軟便 )
ご機嫌   : ○
食欲    : ○
眼振    : 少 ( 左眼の方がふれが大きいよう )
斜頚の角度 : 90度変わらず

昨日は3回目の鍼治療。
日本に問い合わせした電気鍼用の3号鍼、銀ちゃんに使えるとのこと。
早速注文することに。

ショックなことふたつ。

その一。
上になっている右目がとびでているのは脳の中に腫瘍ができてるかも
しれないのでMRI検査をしようとすすめられる。
斜頚になったうさちゃんにはよくある症状なのでは?
もし腫瘍だったとしても、その治療法はないらしい。
それなら検査のために銀ちゃんにかかるストレスや麻酔の意味はないのでは?

ショックなこと、その二。
鍼治療に初めて立ち合わせてもらったのだが
使ってる鎮静剤は漢方のものではなかった。
施術の2日ぐらい前から処方できるそういう漢方もありますよという
話しだったらしい。 
鎮静剤が切れる前に、右足が少しつったような感じになってたのが
気になる。マヒなどの副作用がなければいいのだが。
やはり何も使わないで鍼治療を受けさせてあげたい。

よいことふたつ。
今、鍼治療してくれてるドクターが11月に東京に鍼治療のセミナーに
行くらしい。
その時、日本で斜頚の鍼治療をしているドクターに会って
鎮静剤なしの施術法などを聞いてきてくれないだろうか。

ふたつめは、オーストラリアに鍼治療に行っていたドクターから
ケガニちゃんの携帯にメッセージが残っていた。
折り返しても、まだつかまらないが、もしかして、
オーストラリアのセミナーで、うさぎの鍼治療で何か良いニュースが
あるのかも。早く知りたい。

銀ちゃんは気力的には良い感じだと思う。
動きも素早くなってき、今朝は足ダンをしようとしていた。
すきがあれば、撫でて撫でてと催促してくるようにもなった。
ただ外から見える症状の改善は見られず、首、目、ともに
つらそうで、ローリングもあり、足元がおぼつかない。
何とか、もう少し、よくなってくれないものかと思う。

泉王 あらわる!!!

先週、毛が山ん婆化してたんで、気分転換もかねて
カットに行ってきた。

もう何年もお世話になってる日本人のヘアスタイリストさん。
彼は大の動物好き。
香港パークの野良猫の保護のボランティアを熱心にしてはって
お店にはにゃんこちゃんがいっぱい♪

あたしが行くといつも銀ちゃんのことをきいてくれはる。
最近、調子をくずしてしまって~と言う話しをしてたら
獣医さんの情報なんかを色々教えてくれはる。
ありがたいことであるよ、ほんまに。

あ、そう言えば、奇跡の水がありますよ!とスタイリストさん。
き、奇跡の水???

なんでも南米のどっかのカンデラの泉とかっていうのが
万病を治す奇跡の水らしく、その成分分析をした日本の
会社が奇跡の水開発に成功して、売ってるらしい。

・・・・・・・ほんまぁぁぁぁ?

でも彼の猫ちゃんを瀕死から救ったらしい。

溺ワラのあたしやからね、これも掴までおられるか。

聞けば、これまた古い知り合いのR君が香港での奇跡の水販売を
うけおってるらしい。
みんな色んなことしてはんねぇ。 深いわ。

早速、連絡をとってみる。
なんと次の日にはR君と仲のええW君が奇跡の水をピックアップしてきてくれた。
しかもお代はいらんとのこと。
なんちゅう、ええ人らや、ほんま。

W君が今度はそれを殿下にたくしてくれる。
殿下から早速、奇跡の水レポートの電話。
奇跡の水、その名も 『 泉王 』!
ごっついな~、なんか効きそう。

早速、ネットでチェック。
でも 『 カンデラの泉 』 でひいても 『 泉王 』でひいても
ヒットせん。
なんか、それらしきもんはメキシコのトラコテの水・・・
おかしいなぁ、幻の泉か、カンデラの泉???

ほんで昨日、あたしとオフィスが近い殿下の旦那さんが
水を届けてくれはった。

おおお、わくわくわく、ついに泉王現る!!!!

期待に貧乳ふくらませて、あけてびっくりよ。
だって、出てきたのは

             IZUMIO!

DSC05881.jpg


泉王とちゃうかったのね。
泉から湧く奇跡の水→泉の王様→泉王
と、爆想して勝手にネーミングしてたがな☆
IZUMIOやったんやぁ。
実はカンデラの泉もうる覚えで、殿下に話す時には
ツンドラの泉とかって言うてたんよね。
ばあさん、カタカナに弱うて、ほんまに困っちゃう。
ツンドラの泉王はやっぱり幻やったらしい。

ともあれ、このIZUMIO、王ではなかったけんど
奇跡の水には変わりなし!

ささ、姫、ぐぐっと飲んでちょうだいませ~。


ここで一句 : カタカナに めっきり弱い お年頃




本日の銀ちゃん

排便・排尿 : ◎
ご機嫌   : ○
食欲    : ○
眼振    : 少
斜頚の角度 : 少し首がしっかりしてきた様子

IZUMIOはくせがあるので飲まなければスポイトで
与えてみてとR君に言われてたが、普通にお皿からごくごく
飲んでくれた。
斜頚の角度は変わらないが、少し足元がしっかりしてきて
ケージの中を移動する足取りがすばやくなってきたような。
おやつを入れてる小皿をひっくり返したり、
この干草はいらないっとくわえてほうりなげたりと
銀ちゃんらしい我がままもでてきた。



9月の花嫁





ナイチンゲールになったからというもの、お出かけらしいお出かけも
してなかったんやけど、先日、友達の結婚式に出席。

香港では結婚登録所というところがあって、そこで結婚登録の
セレモニーができる。
今まで何回か立ちあってきたけれど、何度出席しても
感激・感無量である。

新婦Aちゃんはインド人の旦那さまのところへ嫁ぐとあって
手にはヘナでそれはそれは綺麗な模様がほどこされてた。

もうAちゃんとはかれこれ9年ぐらいのおつきあいになるが
やはり、この日、花嫁の顔の彼女は本当に幸せそうで
綺麗で、見てるだけで、こちらの気持ちも幸せいっぱいになった。

あたしも9月に結婚したので、9月の花嫁は絶対幸せになるよっと
言うて笑ったりしてた。

ほんとに幾久しく旦那さまと、仲良く、あたたかい家庭を築いていってほしい。

登録のセレモニーの後は、インディアンレストランでランチ。

DSC05851.jpg


マハラジャの王とお后のような雰囲気がええわ~。

この日、ビデオを片手に終始、場をもりあげ、ゲストに気遣いされてたのは
旦那さんのお兄さん。
弟の晴れの日に喜びいっぱいの気持ちがあふれててた。

レストランでは二人には内緒でケーキを用意してた。
二人の結婚生活、初めての共同作業! ぱちぱちぱちぱち!

で、ケーキカットも無事にすみ、お次は、ケーキの最初の甘い一口を
お互いにあ~ん♪と食べさせてもらうことに。
新郎、にっこり笑って、スプーンで生クリームたっぷりの
ケーキをすくう。
はい、あ~ん♪とスプーンを運んだ先は・・・・
なんと、お兄さん!!!

えええええ、お兄さんが先なん?
あの~、花嫁は???

でも、お兄さんも当然のように、あ~んと口を開いてケーキをぱくり。
満面の笑顔。

ほんで、次こそは花嫁かと思いきや、次のスプーンがあ~んと
運ばれたのは、新郎のおばさん。

・・・・インドの血族愛の熱さを再確認。

で、3度目の正直、あ~ん♪と花嫁の口にケーキが無事おさまった。
ぱちぱちぱちぱち。

えらいなぁ、Aちゃん。
あたしやったら、あたしが先やないけっ!て言うてまうかも☆

でもAちゃんも、これからは彼らとは親戚、そして新郎の
大事な大事な家族。
一族の熱い愛に守られていくことであらう。

おめでとう!
末永くお幸せにね~!!


本日の銀ちゃん

排便・排尿 : ◎
ご機嫌   : ○
食欲    : ◎
眼振    : 少
斜頚の角度 : わずかに改善の兆し?

日本の鍼メーカーさんに問いあわせの電話。
電気鍼用の鍼で今銀ちゃんが使ってる細さのものはないそう。
電気を通すとどうしても金属疲労がおこるので、折れるなどの
事故を防ぐためとのこと。
一番細い鍼は3号鍼。 これでも充分細いのかどうかを
獣医さんに確認してみよう。






ただでは転ばん女

ナイチンゲールとなって20日間、皆様にもご心配いただいており、
申しあげるのが大変気がひけるんですが、
当のあたくし、どんな風に過ごしてたかと言うと・・・けっこう健康的。

まずね~、禁酒。 
こういう凹み時期に飲みだしたら
毎日一升瓶抱えてゴロ寝してまいそうやからね ( どんな女や )
思い切って禁酒!
これは思ったほど辛なかった。
普段の飲みっぷりから、君は絶対アル中やとケガニちゃんに
言われとったけどさ。
アル中返上!

実は5、6年ぐらいまではヘビーチェーンスモーカーやったあたし。
あの、のたうちまくるぐらい苦しかった地獄の禁煙に
比べりゃあ、お酒はまだましかも。

姫が回復して、お得意の足ダンをするまで、一滴も飲まんぞよ!
おほほほほ、晴れて足ダンが聞けたその日には
もうね、シャンパンよね、シャンパン。
ドンペリでシャンパンタワーでもやっちゃおうかしらん。 
これぞまさしく幸せの美酒に酔うの図よね。
た~の~し~み~♪

あとはね、ご飯もね、作る時間があんまり割かれへんから
ドカンと作りおき~。
温めるだけでええもんというたら、やっぱり汁もんかちらと
あたしの頭に閃いたのは、
脂肪燃焼スープ!!
これはbikkyママさんの日記で教えてもうたん。

レシピでは鶏スープの素となってるけど、ナイチンゲールとしては
もうちっと栄養が欲しいんで、鶏がらからダシをとってコラーゲンもたっぷり。
これを時間がないときはスープだけ、手間がかけれるときはご飯や卵を
ぶっこんでオジヤ風とか、春雨を入れてアジア麺風とか、
最後の最後はカレーにして食べてたりね。
日持ちもするし、野菜たんまりでヘルシーやし、バッチグーよ。
おまけに、あんさん脂肪まで燃えてくれるんだっせ。
夢のようやないの。
ただでは転ばんでぇ。

そして食だけやなく、体力づくりにも励んでたナイチンゲール。
銀ちゃんにホメオをあげる時は一種類あげたら、次の一種類まで
最低10分ぐらいは待たなあかんねんけど、
その待ち時間に、腕立てふせ、腹筋、スクワットなんぞを時々してた。

はたから見てたら、かなり不気味。
姫も、何してはるのん?って感じやってんけど。

姫がんばれ! あたしもがんばれ!と燃えてたのさ。

えっへっへ~ん。
そしてその結果は・・・・?
なんと、 5キロ減!!!

うれしいやないの、うれしいやないの。
と言うてもね、去年から比べると8キロも太ってたんで
大デブが小デブになったぐらいやけどさ☆

継続は力なり、執念もまた力なり。
ただでは転ばんよ、あたしゃ。
いっひっひ、シャンパンタワーの時には、あんた誰?ってぐらいの
スーパーナイスバデになってたりしちゃったりしてさぁ。
まいったなぁ♪

今日もがんばる、ただでは転ばん女。 
野望と執念と爆想を胸に、姫と一緒にがんばりぬくかんね。


ここで一句 : それでもね まだビクともしない 下半身
( つくときは腹からつき、落ちるときは胸から落ちる肉の不可思議よ )



本日の銀ちゃん

排便・排尿 : ◎
ご機嫌   : △
食欲    : ◎
眼振    : 少
斜頚の角度 : 変わらず 鍼治療後やや改善

血液検査が出来るかどうかの問いあわせに返事あり。
香港・オーストラリアのラボでは出来ないとのこと。
やっぱり遠い方の獣医さんに、もう一度問い合わせすることに。
午後には2回目の鍼治療。
やはり治療後には傾きも微妙によくなり、足元もしっかりしてるような。
電気鍼というのがあるらしいが、香港ではうさぎに使えるような
細い鍼が手に入らないらしい。
日本の生産メーカーに問いあわせてみる。
この鍼治療直後の好調がつながっていけばよいのだが。






マフ爆

ナイチンゲール修行も20日を越え、大分慣れたかな?

最初の頃は給餌の時に、シリンダーへの力の入れようが
わからんで、姫の口元でぶちゅっと炸裂してしもたりして
給餌が終わったら、姫の口元はカールおじさんみたいに
なってた。
今はね~、投薬だけやし、ちょっとましやけど
それでも姫の自慢のマフマフに、でれりんと薬がたれることも
やっぱりあるのよね~。

で、姫はやっぱりレディであるからして、
投薬が終わって解放されるやいなや、マフマフの毛づくろいに
余念がない。
これが見事にあっと言う間にきれいきれいできるのよ。
感心、感心。 ( 感心してんと、ちゃんとしたれよ )

でも、投薬は日に2回。 
それが終わるたんびにマフマフをなめなめするんで
さすがの自慢の巨マフもちょっとボリュームダウンかも。
ああ、あたしが貧乳な分、せめて姫には巨マフを
ほこらせてやりたいのにのに、の~に。

とか思いながら、ケージの掃除をし
トレーの新聞を変えてたら、すごい記事を発見!

              紀香谷爆!
DSC05787.jpg


香港でも人気のある紀香ねえさん。
こんなにデカデカと。
しかも、見出しは 『 谷爆 』
読んで字のごとく、谷間が爆裂ってこと????
紀香ねえさんの谷間も迫力やけど、香港の表現力もド迫力。
すごいわ。
思わず切りとって、銀ちゃんのケージに両面テープで
貼ったわさ。
元気に回復! 巨マフをこえ、マフ爆祈願!

・・・・・でもね、次の朝にはバリバリかじられちってた紀香ねえさん☆

気のきついうちの姫、何よ、こんな谷爆っ、目障りよっ
て思うたのかちらん。
おほほほ、元気があってよろしなぁ。
その調子で元気になって、紀香ねえさんと匹敵するマフ爆に
なっておくれよ~。
あたしの無念(?)も晴らしておくれよ~。


ここで一句 : 見下ろせど あるのは 段々腹畑
( た、谷間はどこじゃ? )   



本日の銀ちゃん

排便・排尿 : ○
ご機嫌   : △
食欲    : ○
眼振    : 少
斜頚の角度 : 変わらず

昨日、自力で右側のケージに移動。
ひいてあった速乾マットが気にいらないようで、しきりにかむ。
今朝はローリングはなし。
投薬中に自分で向きを変えて逃げることができる。
薬はやりにくいが、それだけ元気がついてきたのかと嬉しい。
明日の昼休みに2回目の鍼灸治療につれていく予約をとった。
私は終わるまで待っていられないので、ケガニちゃんが
迎えにいってくれることになったが、少し心配。
血液検査をやはりあきらめられず、往診をしてくれるオージーの
ドクターにメール。
原因がわかれば、治療法・投薬も、もっとしぼれるのではないかと
期待。

あれから一年

                
        OD5N1658.jpg



昨日は初めての結婚記念日。
あれから、もう1年もたったなんて嘘のよう。
早い気もし、遠い昔のような気もし。
去年の今頃も周りの人に感謝の気持ちでいっぱいやった。
その佳き日を迎えられたのは、ずっと、あたしとケガニちゃんの
幸せを祈って、見守ってくれた皆さんのお陰やと。

同じこの時期。
また、同じような感謝の気持ちでいっぱい。
銀ちゃんとあたし達を本当にたくさんの方が心配してくださり
温かい励ましやアドバイスを下さった。
本当にお礼の言葉もない。

つくづく、たくさんの良い人、あたたかい人に囲まれた
幸せな人生だなと思う。

あたしがみなさんから頂いたパワーや元気に
あたしもお返し出来る日がありますように。

あ、そして、ひとつ嬉しいお知らせが。

今年は 『 書く年 』 と年初に宣言してたんやけど
7月に応募した、初めてのちょっと長めの作品が、一次選考通過!
うれしい!!!!

でも、人間って欲深いもんやなと思う。
書いてる時は、書き上げることが目標で
出したら今度は一次ぐらいは通ってくれへんやろかと思い
一次に通った今は、二次にも通って最終選考に
残ってくれへんかしらんと、欲が出てくる。

もしかして、いやいや無理やろ、いや、もしかしてと
頭の中でぐるぐるぐる。
結果発表が待ち遠しいやら、こわいやら。
二次通過の結果は11月の末らしい。

一次通過したのは30作品、こっから二次通過できんのは
多分5、6作品だけなんよね~~~~。
どきどきどき。

ちなみにウェブはこちら www.japanlovestory.jp
一次通過作品の 『 オカンの嫁入り 』 by めいそい です。 

みなさんも一緒に 「 最終まで残れ~ 」 念力送ってくれたら嬉しいです♪
あ~、こうやって報告日記を書いてるだけでもどきどきどき。
ねちょ手になってきたわ、まじで☆

まあね、これがアカンかっても、次の作品を書くパワーは
むっちゃ湧いた。
下手な鉄砲、数打ちゃ、当たれ~~!
とりあえず、どんどん書いてこ!



ここで一句 : 爆想と わかっちゃいるけど 止まらない



本日の銀ちゃん

排便・排尿 : ○
ご機嫌   : △
食欲    : ◎
眼振    : 少
斜頚の角度 : 少し悪化

日曜日の夜はかなり調子が良さそうだったが、昨日の午後ぐらいから
ちょっと下り坂。
今朝は激しいローリングが止まらず、少し心配。
2回目の鍼灸治療を週の間にうけるか、日曜日まで待つかドクターと相談中。
昨日は遠い方のドクターからバイトリルをピックアップ、増量で処方開始。
オーストラリアの鍼灸治療をしてるドクターからは
水鍼の施術のアドバイスをメールでいただく。 こちらのドクターと要相談。
グリセリンは与え初めて一週間が過ぎたので本日の晩の分で打ち切りにし、
しばらく様子を見ることに。


斜頚記録 17 針山

ついにレーザー鍼に挑戦の日曜日。

銀ちゃんは依然、食欲旺盛、快便。
昨日の晩からは首のそばに置いたタオルに頭をのせて
そこで撫でてもらうのが、かなりお気に入りの様子。
あたしがケージに近づくと、タオルにもたれて待機。
最近はおねだりされなくても撫でまくってたんで、
久々にこういう風に撫でて撫でて攻撃されると、嬉しい。

1時の予約。
タクシーで5分ほど。
でも、タクシーがつかまらへんかったらイヤなんで
ケガニちゃんに下でタクシーをつかまえてもうて
電話をもらってからおりていく。
ほんまに姫待遇やな。
緋毛氈も用意しよかしらん。

運転手はおだやかそうなおじいさんでホッ。
うさぎを病院につれていくと言うたら
ラジオも無線も消して、運転も丁寧にしてくれはった。
よかった、ええ運転手さんやって。

まず気功を20分ほどして銀ちゃんを落ち着かせてもらう。
ドクターが気功をしてはる横で、あたしはひたすらお祈りポーズ。
よくなりますように、よくなりますように、よくなりますように。
銀ちゃんは思いのほかリラックスしてるようで安心。

鍼灸治療には立ち会えないんで、1時間ほどしたら
迎えに来てくださいと言われ、心配で半泣きになりながらも
近くにランチにいったけど、食べもんが喉を通れへん。
心配、心配、心配。

ランチをそこそこに店を出て、結局、クリニックにもどり
待合室で待たせてもらうことに。

しばらくして気功をしてくれはったドクターが顔を出す。
か、彼女は大丈夫でしょうかっ?
と、ずずいっと近寄って詰め寄るあたしとケガニちゃんに
大丈夫よ~とにっこり。

ああ、ほっとした。

それから、もうしばらく。
終わりましたよ~との声。

結局、漢方のゆるい鎮静剤みたいなのを使いながら
鍼を使った治療ができたとのこと!

最初はちょっと怖がってたけど、大丈夫でしたよ~。
20本も刺せましたよ~、とドクター。
おお、銀ちゃん、見事に針山修行に耐えたのね。
よう、がんばった!!!!
えらい、えらい!

様子を見ながら、週の半ばにもう一回やるか
一週間後かをきめましょうとのこと。

ドクターのチェックによると、体重は1.28キロと変わらず
歯も今のところ異常なし。
爪も切ってくれはった。
ただ、やはり、いつも下になってるほうの目が軽い結膜炎に
なってるんで、塗り薬をもらう。

ドクターに何度もお礼を言うてクリニックを後にする。

鍼灸治療をすると、すごく落ち着く子と、むっちゃハイに
なる子がいると読んでたけど
姫は・・・ハイになってました。
家にもどってから、すごい動こうとして、でも、その度に
コロンコロンと転ぶので、ちょっとひやひや。

2時間ほどしたら落ち着いてきて、ほ~~~~~んとに
ちょっとだけやけど、よくなったような。
足元がしっかりしてきたような。
眼震も首の傾きも心なしかましなような・・・

効いてる? 効いてる? 効いてる??
効いてほしいなぁ。

しかし、ドクター。
全身麻酔やのうても鎮静剤、しかも漢方とかあるんやったら、
はよ言うてえな。
ごっつい麻酔でほったがな。
『 うさぎの麻酔 』 とかっていうキーワードで
延々ネットサーフィンをして、どんどん、どんどん、怖いことを
読んでしもて青くなってたのよね、ほんま。

いえいえ、何よりは無事に終わったことに感謝。

みなさま、本当に、ご心配いただき有難うございます。
とりあえず鍼治療の第一歩がふみだせたようです。
これが良い経過のご報告にきっとつながっていくと
祈りつつ。











斜頚記録 16 給餌卒業!

もう16にもなったのねと思う。
斜頚記録が。
朝いつも思う。
夜のうちに奇跡的に回復してたりせえへんかなって。

今日もう●ちは絶好調! 食欲旺盛!
昨日の晩、さらに給餌を少なくして様子をみてみたが
変わらず、もりもりう●ちやったんで
今朝は思い切って給餌なし!
投薬だけ!
発症から18日!
銀ちゃんとあたしにとって最大のストレスの給餌が
なくなったよ~。
ばんざ~い!

と言うても薬をあげるのに、やっぱり保定せなあかんので
まだストレスフリーとは言えんのやけど。
時間が短縮されただけでも、ましなはず。

Coroさんから、また小包が届く。 感謝。
朝摘みの牧草、乾燥ねむの木 ( 気の流れを整え精神を
落ち着かせてくれる作用があるとのこと )
びわの葉、乾燥パイナップル、Coroさんちで採れた
ブルーベリーを使ったお手製ジャム、
銀ちゃんのフィアンセ ( 勝手にうちで決めたんやけど )
Coroちゃんの写真のお見舞いカードは
早速ケージに両面テープではる。
Coroちゃんのラブオーラがきっと効くよ、銀ちゃん。

今日はお昼間、所用でちょっと外出。
帰りにお花を買ってきた。
結構、お花好きの銀ちゃん。
ケージの横にいけてあげると、しきりに匂いをかいでた。
あら、やっぱり女の子ねぇという感じやけど
ほんまはムシャムシャ食べたいのよね、
花も団子の銀ちゃん。

やっぱり休みはいいなぁ。
ホメオもゆっくり時間をかけてしてあげられるし。
温灸も今日で1本目を使いきった。
昨日はカモミールをたいたので、今日はティーツリーを
たいてみる。
ゆらゆら揺れるろうそくの光を見てると、あたしも心が和む。

明日はレーザー鍼・・・
だいじょうぶ、だいじょうぶ。
あたしが緊張したら銀ちゃんにも緊張オーラが
伝わってまうからね。
リラックス、リラックス。

斜頚記録 15 レーザー鍼

いつもは一通り落ち着いたらPCに向うんやけど
昨日の晩は温灸とマッサージの後、ケージのまわりに
クッションでガードをして、ケージの入り口にも段差がないように
バスタオルでスロープを作って、銀ちゃんが出てこないか
見てみることに。
最近、時々、給餌をしようとすると、おしっこピーする銀ちゃん。
サイトで失禁は筋肉の衰えのためというのを読んだんで
もし銀ちゃんが、ちょっと運動する気になってるんやったら
歩かせてみてもええんかなと思って。

入り口の前で待つが、やっぱりフラフラして怖いのか
外をのぞくだけの銀ちゃん。
出てくる気になったら出といでよ~と思いつつ
座って見守る・・・・はずが、気がついたら、爆睡!!

えっ!!!! 銀ちゃんは?と思って飛び起きたら
ケージの中でちゃんとゴロンとしてて、ほっ。

ほんまね~。
発症当初は、爆睡女の人生では珍しく、眠られへんという感じやったけど
爆睡するようになってきたってことは、あたしの気持ちも回復してるんやねっ。

って、呑気なこと言うてたらあかんけど。
もし、これで、事故でもあったら、えらいこと!
寝ずの番が寝るの番にならへんようにせんと。

と言うことで記録のアップもできませんでした。
みなさんにご心配いただいてるのにすいません。

きのうは朝から九龍城のうさぎに詳しいというドクターに電話。
でも、彼女はむちゃくちゃ多忙らしく
診察してない動物に関してのコメントはできませんとのこと。
ぐっすん。

ケガニちゃんはあたしが一回しゃべったセントラルの鍼灸ができるドクターに
再度電話。
このドクターはうさぎに鍼灸した経験はないらしいねんけど
鍼灸治療には熱心らしく、なんと今日からオーストラリアに
動物の鍼灸治療のセミナーに10日間行きはるらしい。
ああああ、そこで、うさぎへの鍼灸についても
ちょっと聞いてきてもらうよう頼んでもらえばよかった!!!

ケガニちゃんと色々、話しあい。
Hさんのうさちゃんがしてはるというレーザー鍼、
麻酔で鍼灸のドクターに訊いてみたら、器械は持ってはるらしい。
とりあえずレーザー鍼が可能なら、麻酔なしでそれを試し
セントラルのドクターが戻ってくるまで、針を使った鍼灸は
待っておこうかということに。
一日でも早く、鍼灸治療してあげたいけど、
リスクが大きすぎるのはやっぱり避けたい。

夕方、バイトリルがきれたので貰いにいく。
今飲ませてる半分の量で、あと一週間でもう抗生物質はやめましょうと
言われる。
抗生物質は出来ることなら、一日も早くやめたいとは思うてたけど
効果がないのに打ち切らると聞くと不安。
日本のY先生にまたしても問い合わせメール。

姫は食欲変わらず旺盛。 
初めて通菜をあげてみるが気にいった様子でもりもり食べる。
う●ちもりもり。
首の角度、平衡感覚は変わらず。
仰向けで抱っこしてマッサージしてる時に
左の目を見ようとしたが開かへん。
ほとんど白目になってるみたい。
ということは、今は右目だけの視界で生活してるんやね。
不憫じゃ。
これも斜頚がもどったら元にもどるんやろか。
心配。

そして本日。
朝、ごたはまじゅんじゅんさんから電話。
動物の鍼灸治療に関する本をままちんさんが見つけてくれ、
それを届けて下さった。
ままちんさんからはメールをいただき、鍼灸治療を
してくださるかもしれない獣医さんの情報と
お知り合いのアロマセラピストからのアロマ情報を
教えていただいた。
ほんとにありがたい。
じゅんじゅんさんと、ままちんさんはワンちゃんを飼ってはるねんけど
犬だけではなくて、本当に動物への愛情が深いお二人。
こういう方々とお知り合いになれたのは幸せなことやと思う。

昼過ぎには、最初に健康診断で診ていただいたクリニックの
ドクターが電話をくださり、相談にのっていただく。
またまた深謝。

ケガニちゃんは家の近くの獣医さんと話しをし、日曜日に
レーザー鍼をためすことに。
効き目は針をさすよりはもちろんマイルドらしいが
これなら麻酔なしでも出来るかもしれないとのこと。

ふと思う。
鍼灸自分でできへんかなって。
うちのオカンが免許をとったとき、よう実験台になってたのよね。
いや、実験台になるのと実際にやるのは、全然ちゃうけどさ。
それはちょっと、暴走しすぎやろか?
来月、NYでのカニ姫の結婚式。
行けるんやろかと、かなり不安やけど、もし行くんやったら
帰りに東京か大阪に寄って、鍼灸治療してる獣医さんのとこで
ちょっとでも教えてもらえへんやろか。
本格的な鍼を使ったもんやなくて、なんかないやろか。
自宅でできる鍼灸。
これも要チェック。
たしか箕面の方に鍼灸治療してはる獣医さんがいてはったはず。
いやいや、それを言えば、オカンの周りには鍼灸関係が
いっぱいいてはるか。 灯台もと暗やわ~、ほんま。
チェックや、チェック!

会社の帰りにままちんさんが教えてくれたお店で
アロマオイルを買う。
迷ったあげく選んだのはカモミール。
これは複雑なストレスにきくとのこと。
免疫アップのティーツリーと、かわりべんたんで使うことにしょう。

それにしても、銀ちゃん、レーザー鍼、だいじょうぶかなぁ。
今からあたしの方がどきどきしてまんねん。
がんばろね、銀ちゃん。



斜頚記録 14 また一つ

心配したけど、昨日の朝以来はゆるゆるう●ちは出てない模様。
よかった、よかった。
でも、Coroさんが言うてはったみたいに、確かに歯がちょっと
調子悪そうな感じもする。
食べるときに妙な、にちゃにちゃした音がするのよね。
干草食べて、普通はにちゃにちゃ言えへんよね?
まぁ、でも今、歯のチェックに行くんは無理があるんで
しばらく様子を見るしかないのか。

引きつづき食欲旺盛。
ちんげん菜、大葉もおいて出勤。

10時ごろ会社にケガニちゃんから電話。
干草もっとあげてもええかって。
え??? もう全部食べてしもたん? 銀ちゃん。
出る時には結構てんこ盛りにしてたつもりやねんけど。
満腹中枢めげてしもたなんてことないやろね。
・・・と食べへんかったら食べへんかったで心配で
食べたら今度は食べすぎちゃうかと心配☆
ほんまね、難儀な心配性。

でも、大丈夫やったみたい。
お昼休みにもどって、恒例のトレーdeう●ちチェック!

見てびっくり! むっちゃ、見事なう●ちが大豊作!
銀ちゃんと暮らし始めて3年近く。
3年間に渡る、う●ち観測史上、最大かも!!
つやといい、色といい、形といい、大きさといい、
素晴らしい、トレビアン、ブラボォ!
いつもが、ひき割りならば、今日のは大粒納豆、ぷりっぷりって感じよ。

ほんで、もひとつ嬉しいことが。
発症以来、あんなに好きやったペレットを見向きもせえへんように
なってしもてた銀ちゃん。
それでも、毎回、何粒かを口元に持っていったりしててんけど
全く反応がなかったここ2週間。
今日も、ブルーベリーをあげたあと、ペレットを2粒、口元にもっていってみた。
ちょっと匂いをかいだあと、ばくり! こりこりこり。

食べた~~~~~~!!!!

あわてて、小皿に少し盛って目の前においてやる。
あ! ペレットだわ♪って感じで嬉しそうに食べはじめる姫。
今朝もまだ見向きもせえへんかったのに~♪

嬉しい、嬉しい、嬉しいよ~♪
こうして、ちょっとづつやけど、出来ることが増えていく。

傾斜の症状はね、あんまり芳しくないんやけど。
首の角度がさらに深くなったようで、下側になってる左の目がつらそう。
相変わらず歩こうとしても、クルクル廻ってしまう。
でも、こんなに食欲でて、ええう●ちも出るようになったもんね。
あれこれ欲張ったらあかんわな。
ちょっとづつ、ちょっとづつ。
桃栗、桃栗。

ここんとこ、時間がたっていくんがこわかった。
早く治ってほしくて焦る気持ちと、時間がどんどんたっていくのに
焦る気持ちとに挟まれて複雑やった。

ああ、あれから2週間かと思うと、元気やった銀ちゃんから
どんどん遠ざかっていってしまうようで。
もうもどられへんのかなぁってさ。
でも、当たり前か。
時間は後戻りできへんもんね。
時間がたつからこそ治っていくんやもんね。
あぁ、こんなに良くなってよかったなぁって
笑えるその日を信じよう。
信じまっせ~、救われまっせ~。







斜頚記録 13 じわじわ

今朝も快便!と言いたいとこやけど、ちょっとゆるいう●ちを発見。
食糞ではなさそうやし。
何がわるかってんやろ。
新しく与えはじめたんはグリセリンと漢方薬・・・

でもな~、あれも、これも与えすぎ?

只今の銀ちゃんの一日メニュー

朝 
給餌7.5ml~10ml
バイトリル ( 抗生物質 ) 0.4ml
メタカム ( 鎮痛消炎剤 ) 1滴
グリセリン 0.1ml
漢方薬 半カプセル
ホモトキシコロジー3種。
( Lyphomyosot Traumeel Hepeel )


給餌、バイトリル、メタカム、グリセリン、漢方薬、
ホモトキシコロジーは朝と同じく
これプラス、フェンベンダゾール 0.25ml
ホメオパシー ( agaricus arnica cucculuss )

これにな、まだな、もう一種ホメオをくれはってんけど・・・・
書いてるだけでも、しんどいのに、飲んでるほうはもっとしんどいんと
ちゃうやろかと、薬嫌いのあたしは思うてまうのよ。
併用で与えても副作用がないとお医者さんが言うてはるけど。
杉田かおるは泳ぐ猿のごとし・・・じゃなかった、過ぎたるは及ばざるがごとし・・・
ちょっとづつでも薬がへる日が早う来てほしなぁ。

午前中はケガニちゃんがSPCAに突撃。
すごい意気込んで行ったのに、目当てのドクター来てはれへんかってんわ。
残念。
でも会員になったんで、九龍サイドのSPCAに出勤中の
そのドクターに電話をつないでもらうのに成功。

結論から言うと、そのドクターからの鍼灸治療はむずかしそう。
ふぅぅぅぅ。
なっかなか上手いこと行けへんもんやねぇ。
でも、鍼灸治療してくれそうなドクターを二人紹介してくれはった。

一人はGotahamaじゅんじゅんさんが教えてくれはった
ドクターと同じ!
九龍城のドクター。
うさぎにかなり詳しいらしい。
・・・・・九龍城でウサギにくわしい・・・・うさぎ鍋屋とちゃうやろね☆
早速電話。
鍋屋じゃなくて、ちゃんとクリニックやったわ。( あ~、よかった )
でも、そのドクターは木曜日までお休みなんですと。
残念。

昼休みは、まりかずさんから、みかんは消化に悪いかもと
教えてもうたんで、今日はブルーベリー。
姫とブルーベリー♪
なんとラブリーな響き♪と思いきや、がつがつ食らいつく姫。
病弱で可憐なクララかとは、ちっとちゃうみたい・・・

朝からお昼のあいだにしてたう●ちは、あっぱれう●ちで一安心。
やっぱり、あれは食糞やったんやろか?
にしては巨大やってんけど。
普段の食糞が種無しぶどうなら、巨峰って感じやったで。
実りの秋か、姫。

しかし、う●ちの様子を見るのにトレーをひくときの
ドキドキ感はうさ飼いならではかも。
自分の人生で、他の誰かのう●ちを、こんなに吟味するようになるとは
思わなんだけれど。

昼休みから帰って、SPCAのドクターが教えてくれはったもう一人の
セントラルのドクターに電話。
BINGO!
鍼灸治療やってはるらしい。
でも、うさぎにしはったことはないねんて・・・・
どうやろ?
麻酔なしで試しにやってみるけど、20分間、針を
打ちっぱなしにするのは大丈夫かと聞かれる。
・・・・そんなん姫に聞いてみないとわかりない。

でも、あのビビリで気がきつくて暴れん坊の姫が
20分もおとなしく、針にさされてるとは到底思えんしなぁ。
どうなんやろう。
あなたは針山になる、針山になる~って催眠術が必要かと
思われ。
じゃぁ、麻酔が必要かもとドクター。
あれ? 振り出しにもどった?
ううううんんん、でも何せ英語の会話。
ここは、やっぱりケガニちゃんに電話してもうて
もう一回、細かいことをつめてもらおう。そうしよう。

夜はお客さんで、どうしても外食をまぬがれず、
いつもよりも帰ったのが大分おそかった。
姫はてんこ盛りにしてた干草も全部きれいに平らげてた。

ホメオのレメディを与え、給餌をしようと抱っこして
ひざの上にのせたら、ぴ~とおしっこ。
怒ってやってるんか、こわがってやってるんか、
それとも他の理由があるんか、ちょっと気になる。

その後の給餌と投薬は特に問題なし。
続いての温灸は相当気もちええらしく、ぽよ~んとした顔で
身動きもせえへん。
これってやってもらってる方も、やってる方も、何かリラックスして
すごいええコミュニケーションになってるかも。
首の傾きや、まだちょっと残ってる眼震には、まだ効果ないけど
リラックス効果は間違いなさそう。
病は気から。
ええ気持ちの積み重ねが、じわじわ効いてくれますように。























 

斜頚記録 12 守ってあげたい

今朝も快便の銀ちゃん!
快便娘の飼い主を見習ってるんやろか。
よしよし。
給餌の嫌がり方も元気いっぱい(?)堂に入ってきた。
あたしの方もケージの掃除、給餌、その後のミニマッサージと
フルコースが40分弱で出来るようになってきた。
シリンダーに給餌フードを詰めるだけで、
ものすごい時間がかかってたことを思うと、だいぶん進歩。
銀ちゃん専属のナイチンゲールとしては、さらに腕を磨かねば。

夕方の往診に備えて、もう少し鍼灸治療の情報を集めようと
Dパパさんから教えていただいたS先生と
Hさんから教えていただいたO先生に連絡をとる。
午後に電話で相談にのっていただけるとのこと。
ありがたい。

O先生の電話の保留の音楽はYumingの 『 守ってあげたい 』
So you don’t have to worry worry
守ってあげたい
あなたを苦しめる全てのことから
’cause I love you

受話器から流れるオルゴールの音に胸がつまる。
守ってあげれなくて、病気になってしもたけど。
守ってあげたい。
思いがあふれて。

昼前、オカンから荷物第二弾が届く。
介護用マットに良いときいたUchinoのタオルの速乾マット。
温灸セット。
うさ暮らの介護特集。
グリセリン。
Pacoさんが送ってくださった給餌用のMSライフケア。
あたしとケガニちゃんには看護で肩がこってるやろうと
健康ツボ押し棒。
とろろ昆布と梅干し。
オカンの愛に感謝。

昼休みは銀ちゃんとまたもやミカンを半分こ。
こんなにミカン好きやなかってんけどなぁ、銀ちゃん。
身体がビタミンCを求めてるんやろか。
食後にY先生から教えていただいたグリセリンを与える。
効いてくれ~。

午後、S先生とO先生に電話。
お二人とも突然の電話にもかかわらず、治療のことや
自宅でできるケアのことなど、丁寧に教えてくださる。
ありがたいことだ。
ちょうど温灸セットも届いたことやし、お二人に教えていただいた
ポイントやマッサージを早速ためしてみよう。

6時往診。
銀ちゃんは前回よりちょっと落ち着きがない様子。
それでもケージの前で静かに銀ちゃんに気をいれるドクター。
おだやかな静かな空間。
ふと見たらソファから見てたケガニちゃん・・・爆睡。
あんたが寝てどないすんねんな。
ドクターが2本ほど鍼を打とうとしたが、動きすぎて無理な様子。
やっぱり麻酔なしではダメですねと言われる。
・・・がっくり。
S先生からも聞いたステロイドでの治療についても聞いてみる。
できないことはないが、ステロイドを使うなら
ホメオ系は中止しないといけないらしい。
・・・・どっちをとるか、うううううん。
ケガニちゃんとよう相談しなね。

今朝、Kyonkoちゃんからの情報でSPCAの鍼灸を
してくれるドクターは麻酔を使わないとのこと。
早速、ネットでSPCAの会員になったので、明日の朝一で
ケガニちゃんに突撃質問にいってもらうことに。

香港の動物中医さんのことを聞いていたゴタハマじゅんじゅんさんからも
お電話をいただく。
なんと、その元中医さんのところまで訪ねて行ってくださったそう。
深謝。

気功のドクターが帰られた後に、温灸初挑戦。
嫌がるかと思いきや意外にじっと気持ちよさそうにしてる。
うさぎは暑いのには弱いけど、熱いのんは大丈夫なん?
不思議。
ケガニちゃんが、僕も温灸して~と横で踊るが無視。
あたしは銀ちゃん専属のナイチンゲールなのだよ。

温灸のあと、今日届いたうさ暮らにのってるマッサージをしてみる。
気持ちよさそうに目を細める銀ちゃん。
マッサージの後、そおっとケージにもどして
首がちょっとは良うなってないかと、じっと見てみたけど、
・・・そんなすぐに良うなったら怖いか。

桃栗、桃栗。
ぼちぼち行こう。











斜頚記録 11

朝。量といい大きさといい、かなり良好な排便。
ビワの葉と朝採りティモシーのおかげかも。
嬉しくありがたい。

首の傾きは相変わらずだが、機嫌はよさそう。
給餌のあと、ケージの横で私がミカンを食べていると
欲しがり、ぼたぼた汁をこぼしながら美味しそうに食べる。

おもしろいのが、給餌の気配を察するようで、
台所で給餌の用意をしだすと、とってつけたように
干草を食べだす。
ちゃんと食べてるわよ~、だから給餌はしないで~
とでも言ってるかのように。

給餌のときもパニックになることは少なくなったかわりに
いやがる手の力が強くなってきたような。
元気がでてきた証拠のような気がして嬉しい。

発症以来、自分ではできなかった右側の毛づくろいを
なんとか身体をまげて、やろうとしている。
届かないところは、今までどうりブラシをかけてやるが
少しでも自分で毛づくろいできるようになったのは
進歩だと思う。

今日は友人の結婚式。
お昼間4時間ほど留守にする。
もどったら、生野菜も干草もほとんど平らげていた。
本当に強制給餌はもうすぐ必要なくなるかもしれない。

今日は出先でKaoriちゃんから教えてもらった免疫力を高めるという
ティーツリーオイルを買った。
アロマポットでたいてみようと思う。
きっと、うさぎの方がずっと敏感なはずだから
量に気をつけなくては。

Kyonkoちゃんから電話をもらう。
昨日の日記を見て、SPCAのメンバーのKyonkoちゃんは
代わりに問い合わせしてくれるとのこと。
ありがたい。
そこの鍼灸治療でも麻酔を使うのかどうか、そのリスクなどを
きいてもらうことに。

みなさんから頂いたコメントを読んでも、自分の心情的な面でも
やはり全身麻酔への抵抗はなくならない。
斜頚はもちろん治ってほしいが、その治療が命にかかわるようなことで
あるなら、もちろん絶対にしたくない。

ケガニちゃんがM先生と、ちょうど電話で話してたので、
セネガルのシャーマンにも銀ちゃんの回復をお願いしてもらうことにする。

銀ちゃんは今日もケージからでたそうな素振りをするが
出てこない。
やはり足元がおぼつかないのが不安なのだろうか。
でも、思えば、銀ちゃんは、うちに来た当初も
ケージから出てくるまで、かなり時間がかかった。
ケージからやっと出てきても、フローリングの上を
歩くようになるまでは、さらに時間がかかった。
気がきついくせに、本当にこわがりの銀ちゃん。
( 飼い主に似たか? )
あの頃を、また一から始めるつもりになればいいのかも
しれない。
きっと時間をかければ歩けるようになるよね。
ゆっくり、がんばろうね。 銀ちゃん。











斜頚記録10

金曜日。
昼の給餌をやめてから、便が、量はあるが、小さくなり、少し
黒っぽくなったような。
ストレスをとるか栄養をとるか。
幸い食欲は一定してきたので、給餌と投薬のあと
たっぷり生野菜、大葉、ちんげん菜、ガイラン、レタスを与えて出社。

お昼には給餌がないと銀ちゃんも覚えたよう。
昼休みにもどると、嬉しそうに顔をむけてくる。
バナナを一緒に食べる。
その後は時間ぎりぎりまでマッサージ。

東京の鍼灸院のY先生に電話。残念ながらお休みとのこと。
かわりの鍼灸師の先生に全身麻酔のことを少しきいてみる。
やはり、そちらの鍼灸院では麻酔はかけないとのこと。
まだやはり不安なのでK病院のY先生にもメールで
鍼灸で麻酔を使う件と、日本からグリセリンがついたら
まだ与えてもよいかどうかを質問。( 発症から10日では
グリセリンを与えるには遅すぎるかと思ったので )

前日に往診に来てくださったクリニックは、鍼灸は無理だけれど、
気功なら往診でもできるというお話し。
どうしようか迷う。
私がいつもかかっている気功の先生がいらっしゃったらなぁと
思う。
今は日本に往診中で10月のはじめまで戻られないのだ。
が、ならないことを思ってもしょうがない。
今、目の前にあるベストをつくさねば。

往診での気功をお願いすることにする。

6時。木曜日の晩とは違う先生がいらっしゃる。
美人!! ( これだけで嬉しくなる )
思うに、あたしやあたしの友達も含め、
女の人と接することにはなれている銀ちゃん。
獣医さんも女の人のほうがよいのかも。

ケージの前のタオルをしいた箱に銀ちゃんを入れ気功治療。
先生が手の平をかざすとじいっとしている。
全身をスクーリニングした後、各部分に手をあてて気功。
25分ほどの施術。銀ちゃんも気持ちよさそうに
じっとしている。

途中からケガニちゃんも帰宅。

中医学的に言うと身体の中に五行、火・風・水・金・土のうちの
風がたまってしまってるので、それを出していかなくては
いけないとのこと。

先生が帰られたあとも、ものすごくリラックスした様子で
箱の中でうとうとする銀ちゃん。
ケガニちゃんが添い寝してひたすら撫でる。

たとえば、気功に何回かクリニックに通い、通院が
こわいことではなく、気持ちのよいことだというのを
銀ちゃんが覚えてくれたら、リラックスした状態での
麻酔というのは緊張状態での麻酔よりもリスクが
少ないのではいか?
先生にきいてみることにしよう。

東京のホメオの先生に与えてるレメディの種類を
きいてくださいとのことだったのでメールする。

ずっと家にいては精神衛生上よくないと、ケガニちゃんに
おそい晩ごはんに連れ出される。
なんだかまわりの人とのあいだに見えない膜が一枚
あるような違和感。
やはり落ち着かなく、早く家にもどりたい。

そして、今日、土曜日。
週末だ。嬉しい。
銀ちゃんとずっと一緒にいられる。

日本のK病院のY先生から早速メールのお返事。
ありがたい。
鍼灸の麻酔については、やはり鍼灸師にきいていただいた方が
よいとのこと。
グリセリンは日本から到着したら、与えてみましょう、
出来るだけのことはしてみましょうとのこと。
いつもながら前向きなお返事にはげまされる。

給餌、投薬、ホモトキシコロジーとゆったりと時間をかけて
してあげられる。
首の傾きはあいかわらず。
排便も量はあるが小さいが、本人は機嫌がよさそう。

Coroさんから小包みが届く。
びわの葉と乾燥りんごをとても喜んで食べる。 深謝。
一番刈りの干草はそのにおいのよさに私までうっとり。
干草ってほんとはこんな匂いがするのだね。
ハイジの気分。

鍼灸クリニックに電話で問いあわせ。
リラックスしたほうが麻酔のリスクは少ないかどうか。
リスクは下がるかもしれないが、少し通ったぐらいでは
中々リラックスするようには、ならないとの答え。
往診で麻酔を使わずに、少し鍼灸をまぜた気功なら
月曜日にできるとのお話し。
もしくは土日にクリニックで麻酔しての鍼灸。
少しでも早く始めてあげたほうがいいのだろうが
やはり麻酔のリスクのSecond Opinionなしで
すすめていくのは不安。
とりあえず月曜日に往診の予約をとる。

他の鍼灸治療をしてるドクターが中々みつからない。
SPCAに週1回鍼灸治療をするドクターが通ってきているが
その連絡先をきいても教えてもらえず、
メンバーになって予約をとって会いにこいと言われる。
2,3の獣医さんに尋ねても、みなSPCAのドクターしか
知らない模様。
もう一度、人間の鍼灸をされてるA先生に相談してみようか。

お昼ご飯のあと、デジタルの体重計と
ケージに入れてあげるミニクッションを買いにいく。
デジタルの測りは思ったようなものがなかった。
ミニクッションはちょうど小さなお昼ね枕のようなものが
あったので購入。
何色にしようか迷うが元気のでそうなオレンジにする。

家にもどって銀ちゃんに枕を見せながら、ふとどんな寝心地かと
自分が当ててみる。 とても心地よい。
・・・・・気がつくとそのまま爆睡。
ごめんね、銀ちゃんの枕、先に使っちゃたよ。

便の大きさはあまり改善されてないが、量はまずまずと
いったところ。
少し元気がでてきたような気がする。
ケージの入り口から、しきりに出たそうに外をのぞいてた。
明日あたりは自分からケージを出てきたら、少し
歩かせてみるのもいいのかも?
首の傾きも確かに治ってほしいが、
まずは歩けるようになってほしい。









 




斜頚記録 9

水曜日の晩にTちゃんより電話。
なんと、遠い方のクリニックの一番偉い(?)獣医さんは
Tちゃんご夫妻の親しいお友達ということが判明。
これで電話での相談がしやすくなった。ありがたい。
世界はどこかでつながってる。

木曜日の朝は相変わらずレタスをぱりぱり。
ペレットはまだ食べず。
ポカリスエットを水でうすめたもの、ふつうの水、
無糖のクランベリージュースをうすめたものを与える。

この日は往診専門のドクターに予約をとっていたのだが
彼は鍼灸での治療はおこなっていない。
彼にも来てもらい、近所でみつけた病院からも往診に
来てもらい、入れ替わり立ち替わり違う人間が
来るのはまた銀ちゃんのストレスになりそうだ。

ケガニちゃんとも相談して、近所の鍼灸も出来るドクターの方に
来てもらうことにする。

昼休みに戻ると、首のかたむきがひどくなっている。
眼震がもどり、発症時に見られたような、首がすうっと
左にひっばられるような仕草。
止まったかと思っていたのに。
また傾きが悪化していくのか?

前日の晩は調子がよさそうだったのに。
ほんとに一進一退。
しおしおとオフィスにもどる。

夕方6時往診。
触診と私たちからの問診。

結論から言うと、鍼灸治療はむずかしいとのこと。
彼女はうさぎに鍼灸治療をしたことがあるが
斜頚に鍼灸治療を施したことはなく、
また、鍼灸をするときには全身麻酔を使ってやるらしく
犬や猫とちがってうさぎは麻酔のリスクも高いこと、などを
説明される。

一度ハムスターに施術しようとして、麻酔だけで死んでしまったことが
あるらしい。

すぐにでも鍼灸治療が始められるのかと思ってただけに落胆も大きい。

しかも、斜頚は発症して3日で改善が認められなければ
回復することはまれなので、この後、一生このままですと
言われてしまった。
たくさん回復した子もいると知ってはいても
そんな風に言われると、かなり動揺する。

その後の会話も、いかに症状を改善することや、治療法というより
どうやって機能の戻らないうさぎを介護していくかという方に
話しの重点があった。
まだ10日なのに、あきらめたくない。
少しでもよくなる道を探したい。

メタカム、整腸剤、クリィティカルケアの粉末、目薬を処方される。
普段から医者嫌い、薬嫌いの自分なので、その薬の多さに
悲しくなる。

手元になかった薬をとりに病院までドクターと一緒にもどる。
彼女も昔、うさぎを飼ってたそうだ。
亡くしてからは辛くて飼えなくなったと言っていた。

帰りに、スーパーでドクターからすすめられた中国野菜の
ガイランを求める。

また小走りで家に向かってたら、悔し涙が出てきた。
銀ちゃん、あんなにがんばってるのに、どうして治らないなんて
言うんだろう。
あたしは、まだまだ、あきらめたりしない。



斜頚記録 8

水曜日。
もう1週間が過ぎたのかと信じられない思い。

ローリングが頻繁になってきたので、朝からケージをついに仕切る。
それがかなり気に入らない様子で。
こちらにお尻をむけて丸まってしまう。

私は給餌と薬。
朝のホモトキシコロジーはケガニちゃんに任せて出勤。

前日K病院のY先生から教えていただいた東京の
動物に鍼灸治療をされているE病院のY先生に連絡をとる。

家での温灸の仕方や、リハビリ効果もある耳の
マッサージの仕方を教えていただく。
お忙しい時間にもかかわらず丁寧に応対してくださる。
ありがたい。

家での温灸かぁと思い大変なことに気づく。
そう言えば、うちの母は鍼灸師の免許を持っていたっけ。
早速電話をして、温灸の道具などを次の便に入れてもらうことに。

銀ちゃんに温灸をすると言ったら、あてる場所や手順などを
説明しだした母。
その説明が東京の鍼灸師の先生の説明とほぼ同じ!
灯台もと暗しとはこのことだ。

昼休みはマッサージと野菜を与えるだけで給餌はしなかった。
便の状態はだんだんよくなってきたようだ。

朝お話をした東京の先生から聞いた、鍼灸3、4回で
完治と言えるぐらい良くなった子もいたという話しが頭からはなれず。

もう一度、香港の鍼灸師のA先生にお電話。
そう言えば近くに動物の中医という看板をみたことがあると、
わざわざ確認にいってくださった。
が、そこも移転したあとだったそうだ。
もし、どうしても見つからなければ、僕ができないこともないと
言ってくださる。 本当にありがたい。

Sちゃんから、香港での鍼灸師と気功師の情報をいただく。
いつものことながら情報通のSちゃん。
あんなに探しまわってたのが嘘のよう。感謝。

就業後、早速、銅鑼湾のペットショップにいき、レジの
おねえさんに鍼灸師の情報の有無をたずねる。
レジのおねえさんが昔つとめてたクリニックが
鍼灸治療もしてくれ、往診にも応じてくれるとのこと。
理想的ではないか。
早速住所を教えていただくと、なんとそれは
今住んでるアパートから歩いてもいけるところ。
この日、二度目の灯台もと暗しだ。

とりあえず少し廻り道をして、そのクリニックにいってみる。
こじんまりしたクリニックだが
置いてある製品からホリスティック治療もとりいれてるのが
わかる。
クリニックのパンフレットをもらい帰宅。
なんだか道が開けだしたよう。
治る! 銀ちゃんは絶対治る!

ケガニちゃんと相談して、できるならすぐ予約を
とってみよう。

この晩は給餌の後、ケージにもどすのも大成功。
おだやかな気持ちで一日を終える。

斜頚記録9につづく・・・











斜頚記録 7

月曜日、前の晩のマッサージに気をよくして
給餌の続きにまたマッサージしようとしたが
何故かいやがる。
ケージに戻るとき、またひどく暴れようとする。
その後は干草をあまり食べず。
首は依然として90度。眼震も少しもどってきている。
菜心、ちんげん菜も食べず。
レタスとブルーベリーは食べるので食欲がないわけでは
ないようだ。
排尿あり。 便は小さいが量は増えてきたようだ。

ケガニちゃんもまだ戻ってきていないので、ペットシッターさんに
来ていただく。

ブログに質問のコメントを残したHさんから返事をいただく。
とても丁寧で心のこもったアドバイス。
つらい思いをされた方というのはこんなにも強く優しいのだと
しみじみ思う。深謝。

お昼前、母から第一便の荷物がとどく。
野草シリーズのにんじんの葉、くまざさ、なつめ。
母がつんで乾燥させてくれた猫じゃらし。
ケガニちゃんには海苔、私にはゆず酢。
そして何故か耳掻き2本・・・感謝。

お昼休みにもどる。
ペットシッターさんから午前中の様子をうかがう。

早速届いたにんじんの葉を与える。大喜び。
なつめ、少し食べるが1粒を完食はせず。
くまざさは・・・・食べず。
何気なく納品書を見ると、銀ちゃんを案じてくださる
言葉がそえられていた。はげまされる。

今回、銀ちゃんの発症で、本当にたくさんの方に支えられ
たくさんの優しい気持ちにはげまされている。
幸せな自分と銀ちゃんだと思う。

マナちゃんちのPacoさんが実家宛に
日本でしか売ってない強制給餌のパックを送ってくださった。本当に感謝。
夜、お礼の電話をする。

カニママからも電話あり。
銀ちゃんをとても心配してくださっている。

夜、ケガニちゃんが戻る。
久しぶりに撫でてもらって銀ちゃんも嬉しそう。

火曜日、ローリングが頻繁になってきた。
出来るだけケージの中の雰囲気を変えないほうがよいという
アドバイスを獣医さんからいただいてたが
頭をうったりしたほうが心配。

右と左のケージを区切ろうとしたが、パニックになる。
環境が変わるのは今の銀ちゃんにはよくないのかも。
周りのクッション用のタオルを増量。

ロフトも時々頭をぶつけそうになるので撤去。
しばらく気になる様子で上をしきりに見る。

お昼前、東京からホメオパシーホモトキシコロジーのレメディが届く。

お昼は思い切って強制給餌をしないでおく。
そのかわりにレタス、菜心、ちんげん菜をたくさん。

夕方、Hさんから教えていただいたK病院の先生からメールを
いただく。
7時半以降なら電話で相談にのっていただけるとのこと。

会社から戻り。
まず、ホメオパシーのレメディを与える。
ちいちゃい目薬用の容器で水にとかして、これで飲んでくれるのかと
半信半疑で口元に近づけると、すごい勢いで飲んでくれた。
20分づつ間をおいてホモトキシコロジーの錠剤も3種
同様に水でとかして与える。綺麗に飲む。

1つめのレメディを飲んだ後、右の耳の毛づくろいを
しようとするような仕草。
効き目がでてるのかもしれない。

K病院に電話。約40分にわたって本当に丁寧に
理論的なこと、実践的なことのアドバイスをしてくださる。

最近、尿をなめると言ったら、ポカリスエットをうすめて
与えてくださいとのこと。身体の中のたりないものを補おうと
してるのだそうだ。
ダンボールを使ったリハビリに使う道具の作り方なども
教えてくださる。
鍼灸治療について相談したところ、お知り合いの
動物鍼灸院の先生を紹介してくださり、電話してみてくださいとのこと。
本当によい先生。受話器から元気なオーラをたくさん頂いた。

西洋医学、ホメオ、東洋医学とお互いに効果を消さないように
回復につながる取り入れ方ができますように。

銀ちゃんはお昼の給餌がなかったせいか、便が小さいが
機嫌はよいようだ。
発症以来、ケージでは横向きか、扉にお尻をむけた形でしか
寝転がらなかったが、初めて、扉に顔をむけた形で寝転がる。
ただ、その向きだと傾く首が支えられないのがつらそう。

ケージの外にも出たくなってきたようで、しきりに
入り口から外をのぞいてるうちに、すべり出てしまう。
慌てて手で支える。
強くはうたなかったが、やはりパニックになり、首が
大きく傾く。
入り口をあけているときは片時も目をはなしては
いけないと反省。
打撲のショックで悪化してしまうところだ。

Bikkyママさんから教えていただいたブログの
Kさんからお返事をいただく。
発症から完治にむけて、まだまだご自分もお忙しい
ところであろうに、丁寧なお返事。感謝。
私もこうして助けていただいたことを忘れずに
他のうさ飼いさんが困られるようなことがあれば
心を尽くそうと思う。

斜頚記録8へとつづく・・・








斜頚記録 6

日曜日。
結局、遠い方の獣医さんから電話がなかったので
朝一番で近いほうの獣医さんに尿をもっていく。
新しいのがとれなかったので意味はないかもしれないが。

抗生物質を追加でもらう。
鍼灸師を紹介してもらおうとするが、それは犬猫だけだし
外科的な問題だけと言って教えてもらえず。

もどって少しすると、Hちゃんファミリーがお花を
持ってきてくれた。
可愛いピンクのカーネーション。
早速ケージの横にいける。
匂いがするのか、ケージの中から一生懸命みる銀ちゃん。
食べたいのかも。

給餌をしたりマッサージをしたりの合間にネットで
また色々チェックする。

うさぎと暮らすの介護特集の号を注文。

斜頚の経験について書いていらっしゃるHさんと
Dパパさんにもメールをしてみる。

給餌のたびに首の傾きがひどくなるのが気になる。
給餌がおわったら、すぐにケージにもどすほうが
よいかと思ってたが、一度、そのまま、ゆっくり
耳、おでこ、首筋をマッサージ。
最初は鼻をぴすぴす言わせてたが、そのうち、手ものばして
リラックス。

その後、ケージにもどしたときも、やはり身体はそりかえるが
すぐにパニックもおさまり、表情がおだやか。

ふと思う。
発症以来、給餌などの銀ちゃんのいやがることばかりをし
ちょっと手をさしのべただけでも、びくっとするようになってしまった。
銀ちゃんにずいぶん嫌われてしまったなとショックだったが、
銀ちゃんは、銀ちゃんで、嫌なことばかりをされて、
あたしに嫌われてしまったのかなと思っていたかも。
治るためのマッサージだけではなくて、愛情表現の
マッサージでのコミュニケーションも必要なんだなと実感。

夜、Dパパさんからメールをいただく。
鍼灸に関しての貴重な情報をいただく。 感謝。
また暖かい励ましの言葉に思わず涙。
この日はかなり落ち込み気味だった。

銀ちゃんの様子はかわらず。
首の傾きは90度。歩けず。
夕方から干草もあまり食べなくなる。
レタスは少し。
ブルーベリーはゲンキンなもので、よく食べる。

給餌がかなりイヤなようで、息があがりそうになる。
私も一緒に緊張してしまうのが伝わってしまうのだろうか。
リラックスを心がけねば。

この日は残念ながら、症状的には嬉しい前進は、あまりみられず。

斜頚記録7へとつづく・・・

斜頚記録 5 

やっと週末になった。
銀ちゃんにずっと付き添えるのが嬉しい。

土曜日の朝はすごくタイミングよく尿が採れたので
獣医さんに持っていくことに。
ここでまた悩む。
尿のサンプルを持ってくるようにと言ったのは
近くの方の獣医さん・・・でも、どうせなら
遠い方の獣医さんにみてもらったほうが良いような気も・・・

とりあえず遠い方の獣医さんに電話をいれて折り返しを待つ。

この日は、かなり調子がよかった。
朝には一度、右側のケージに自分で移動し
いつもしていたおトイレの場所まで行って排尿。
その後には干草ボールから干草も食べる。
首の傾きもましになったような。
便もさらに固まり、量もふえた。
ケージからしきりに外をうかがい、出たそうな様子。
クッションを入り口に敷いてやると出てきたが
座ってる時には目立たなかった傾きが一気にひどくなり
床すれすれに。
くるくる廻るだけで全く歩けず。
あわててケージにもどすが、しばらくは落ち着かない。

盲腸便を摂取できてそうにないときは、アルファルファを
やるほうがよいというのを読んで、買いに走る。

いつも、そうだが、目の前で見てる不安と違う不安に
とらわれ、離れたとたんに、ちょっとでも早く帰ろうと
小走りになってしまう。

獣医さんからの折り返しがないので再度電話。
用件をもう一度はじめから伝えるが・・・ちゃんと
伝わっているのか不安。

買い物から戻ると銀ちゃんは朝の好調がうそのよう。
首の傾きがもどり、眼震がもどってきている。
今までしたことがなかったのに、排尿したあとに
自分の尿をなめようとする。
また、違う菌に感染してはいけないので必死でとめる。

ローリングを何回かおこしたので、危ないので
タイルを撤去。
が、タイルを探してる様子でくるくる廻りパニックに
なってしまう。
仕方なくタイルをもどし、できるだけ周りをタオルで囲む。

この後、また眼震がひどくなる。
興奮すると脳圧があがり、それが神経を圧迫して
眼震がひどくなるとも読んだ。

おだやかに、おだやかにさせなければ。

ケガニちゃんもおらず、午前中のすごい回復ぶりの後なだけに
へこむ。
一進一退、気長な気持ちでとはわかっているのだが。

めそめそしかけてたら、カニ姫が電話をくれる。
途中からカニママも加わり、二人から、そばにいれなくて
ごめんなさいねと言われ、胸が熱くなる。
がんばらねば! めそめそしてる場合じゃない!
折角、銀ちゃんにじっくり付き添える週末なんだから。

結局、この日、遠い方の獣医さんからは何度電話しても
つないでもらえず、折り返しもなし。

でも、東京の獣医さんからは連絡あり。
処方したホメオパシーのレメディを月曜日の朝一番で
送ってくださるそう。
どうか効き目がありますように。
着くのが待ち遠しい。

斜頚記録 6へつづく・・・


斜頚記録 4

木曜日の晩は銀ちゃんのゴッドマザー、Kちゃんが
お見舞いにきてくれた。
とっても可愛がってくれるKちゃんを大好きな銀ちゃん。
Kちゃんの指の匂いをかいでたけど、わかってたのかな。

金曜日の朝。給餌はスムーズになってきたが
問題はケージにもどすとき、すごく暴れようとするのでひやひや。
戻したあとも怒った顔でうずくまる。
レタスは相変わらず食べるが、菜心は昨日までは
食べていたのに、食べなくなる。

ケガニちゃん、水曜日に出発だった予定の出張に
どうしても行かなくてはいけないので
昼間はまたペットシッターのMさんに来ていただく。
と言っても一日中、ついていただけるわけではないので
昼休みに私が帰っても、銀ちゃんがひとりきりになる
時間がどうしてもできてしまう。
心細い思いで会社に。

前日に注文していた野草シリーズ、在庫が10袋しかないとの連絡。
どうしようか迷うが、もう一度そのお店のホームページに
行くと健康食品もあるのを見つける。
免疫力を高める効果があるものがいくつか紹介されている。
早速電話してみる。
とても親切に丁寧に対応していただき感激。
銀ちゃんの発症の様子などを話すと、それはストレスから
免疫力が落ちて、元々もってた菌が発症したのかもしれませんね
とのこと。
やはり健康診断が原因か。
菌を保有してるうさちゃんは実は多いのだそう。
ただ普段は自分の免疫力でおさえられてるものが、
ストレスなど何かの原因で発症してしまうことがあるとのこと。
突然の発病プラス直に話して相談できる人が
英語ということもあり、日本語で色々とお話しできたのが、
とても嬉しかった。
免疫を高めるクマザサとナツメ、あと腸内環境を整える
乳酸菌を追加購入。

この日はホメオパシーの事務所にも電話したり、
日本にいらっしゃる獣医さん何人かにも電話で相談に
のっていただけないかの旨メールする。

お昼にもどり、ペットシッターさんから午前中の様子をきく。
給餌はいやがって出来なかったとのこと。
やはり保定しなくては無理のようだ。
タオルに巻くやり方で5ml給餌。

夕方、何件か出したメールの中の東京の獣医さんから返事が届く。
( 結局、今の時点でお返事をくださったのは、このお医者さまだけ )
日本時間の夜の8時以降に電話してくださいとのこと。
ほんとうにありがたい。

月末なので帰りにくいところを無理やり帰宅。
帰宅途中にどんどん悪い妄想が広がる。
もしローリングして頭をうってたらどうしよう。
起き上がれなくてパニックでてんかんを起こしてたらどうしよう。
気がつくと小走りが、かなり本気の走り方になり
気がせきつつ家にたどりつく。

ただいまと扉をあけ、変わらず横たわる銀ちゃんを見て安堵。

給餌を終えて、トレーを掃除。
小粒の排便が3粒。
たった3粒だけど、やっと便らしい形になってきたようだ。

質問することをノートに箇条書きして東京の獣医さんに電話。

眼震がおさまったように見えるのは、ゆれずに固定されてしまったため
ではないか?との問いに、おさまったのか、別の形で進行しているのか
すぐには判断がつかないとのこと。

一番、きくのがこわかったこと。
首だけの異常ではなく、三半規管にダメージをうけたうさちゃんが
治癒することはあるのかということ。
ありますという先生の言葉が力強かった。
本当にききたかった言葉。
ホメオパシーのレメディもすぐに処方して
送ってくださるとのこと。深謝。

8時半の給餌の後には干草も少しづつ、自分から食べだした。
嬉しくて思わず見入る。
ただ、一度、歯がきゅうううっと言うような嫌な音をさせる。
歯にも異常が出てきたのかと、しばらく耳をすますが
その音はそれ一回だけ。
異常がなければよいのだが。

眼震がかなりなくなったのだが、おさまったというより、
目が見開いたまま固定されたという感じ。
これは良い兆候なのか悪い兆候なのか、わからない。
いや良い兆候だと信じよう。


斜頚記録 5へつづく・・・





斜頚記録 3

発症から3日が勝負とか、3日目で劇的に回復というような話しを
たまたま読んでしまったせいか、朝がきても変わらぬ銀ちゃんに
激しく動揺。
首のゆれも、眼震も変わらず。
なんとか給餌をし、抗生物質を与える。
干草もほとんど食べない。
レタスは小さくちぎって口元にもっていくと食べる。

一度ケージの外にだしてみる。
顔を直角に傾けて、歩こうとするが、歩けず倒れ、
パニックにおちいる。

昨日の晩にてんかんの発作をおこかけたところなのに何て
馬鹿なことをと自己嫌悪。

もう元気な銀ちゃんには会えないのかという思いにとらわれ
会社に行く道すがら泣いてしまう。
つらいのは銀ちゃん、自分がめそめそしていてはだめと
思ってはいるのだが。

今日はケガニちゃんが会社を休み、ペットシッターさんと
一緒にみていてくれる。

上司に前日の突然の欠勤をわびる。
ペットに理解のある上司でよかった。 感謝。

みなさんからメールやメッセージで教えていただいた情報を
ケガニちゃんにも伝え、引き続き色んなところに連絡をとる。

NYのKさんからEZにはFlubendazoleが有効との情報。
早速、前日に遠い方の病院から処方された薬をチェック。
Fenbendazoleという少し効きがゆるいが
同系列の薬ということで、ちょっと安心。

昼前ペットシッターさんから電話。
眼震がほとんどおさまってるとのこと。
今朝の様子からはにわかに信じがたい私。

昼休みにもどると、確かに眼震がかなりよくなってるような。
頭のふれも少なくなってきている。
給餌をしてまた会社にもどる。

Noniジュースが動物にも良いと教えていただく。
ケガニちゃんが早速買いに走る。

干草をほとんど食べないので、ケガニちゃんの会社の人が
九龍の金魚街まで量り売りの干草を買ってきてくださる。

こんなにたくさんの人が銀ちゃんを思って動いてくださる。
深謝。

就業後、まさしく一目散で家に帰る。
電車の中でも小走りしたいような気持ち。

アパートの受付で干草を受け取り、早速あげてみる。
・・・・食べない銀ちゃん。
普段から干草の選り好みが激しいから仕方ないのかも
しれないが。

まだトイレまで自力でいけないので、タイルやすのこの上で
排尿。
掃除するために右側のケージにうつしたら、
どこにいるか、わからない様子でクルクルとまわる。
もう忘れてしまったのだろうか。
興奮のためか下痢にちかい軟便

ケガニちゃんNoniと共に帰宅。
1本だけかと思いきや、1リットル6本入りの箱を
買ってきた。
こんなにいっぱいと驚く。

早速Noniを給餌に混ぜて与える。
今までの抵抗が嘘のように大人しく飲む銀ちゃん。
好きなのかもしれない。

この晩はもうひとつ嬉しいことが。
給水ボトルから自力でほんのわずかだが水を飲む。
2日ぶりに見る、健康な時なら当たり前のことが
こんなにも嬉しい。

回復という言葉が見えたような気がする。
朝のどんぞこのような気分から、私も少し回復できた3日目の夜。


斜頚記録4へつづく・・・



斜頚記録 2

獣医さんからの帰り道、ケガニちゃんに先に銀ちゃんを
家に連れて帰ってもらい、スーパーで銀ちゃんが好きなものを
購入。
バナナ、りんご、レタス。

とにかく食べさせることが大事だと獣医さんも言ってたので。

好きだったものでも食べるものと食べないものが。
ペレット、乾燥にんじんには反応がなくなった。
乾燥キャベツにもそんなに反応がない。
乾いたものを食べるのがいやなのか。

干草を与えながらマッサージ。
あまり食べない。
いつもより耳が冷たいような気がする。

乾燥にんじんは口にしないが、以前にCoroさんから頂いた
野草シリーズは変わらず喜んで食べるので、早速ネットで
15袋注文。
実家に送ってもらうことにする。

さらに斜頚のことをネットで調べると鍼灸治療というのが目につく。
早速、鍼灸師のA先生に電話。
うさぎの診察もできないことはないですが、感染からの
麻痺ならば、症状が落ち着いてからの方がいいでしょうとのこと。
銀ちゃんの症状も色々細かくきいてくださる。感謝。
また、湾仔に動物専門の鍼灸院があったはずとも教えていただく。
そちらもチェック要。

今、日本に往診中の気功の先生のスケジュールもチェック。
こちらは香港にもどられるのが10月の頭ぐらいとのこと。
残念。
でも、もどられたら一度往診を頼んでみるつもり。

おぼれるものはワラをも・・・と言うけれど
効くということは、どんなことでも試してみたい。

明日、明後日は月末でどうしても会社を休めないので
ペットシッターのMさんに来ていただくことに。
今日も様子を見にきてくださる。
いつもと同じように、しっかりしてなくちゃ銀ちゃんが
不安になるわよと励ましてくださる。
色々な獣医さんの名刺も持ってきてくださった。感謝。

午後からは以前、東京のプラズマ療法で購入した
携帯プラズマを銀ちゃんの耳にあてながらマッサージ。
まさに、おぼれるものは・・・である。
母が送ってきた実家近くの神社のお神米もひとつぶ与える。
どうかききますように。

私がネットで調べた情報、また疑問に思ったことを、
ケガニちゃんは遠い方の獣医さんに電話で何度も問い合わせ。

近い方の病院では抗生物質だけだったので
他の菌や寄生虫対応の薬も投薬したほうがよいのではという
私たちの質問に、もちろん必要ですという答え。
斜頚の原因を即座に断定するのは難しいのだが
進行が早い病気なので、疑わしい要因はできるだけ
押さえておかなければならないらしい。

ケガニちゃんは遠い方の病院に薬だけとりにいくことに。
フェンベンダゾールを処方される。
こちらは一日一回0.25ml。

銀ちゃんは自分のおかれてる状況にまだなれないのだろう。
少し動くのもおそるおそる。

さらに、近い方のお医者さんは強制給餌は自分で食べなかった場合と
言っていたが、遠い方のお医者さんは食べる量が普段より
少しでも落ちているなら必ず必要とのこと。

気が重いが挑戦。
以前に調子をくずした時にもかなり頑張ったが
結局強制給餌ができなかったのだ。

まずシリンダーにうまく吸い取るのに四苦八苦。
少し動くだけでもパニックになる銀ちゃんを保定するだけで四苦八苦。
なんとか、おさまり、口にシリンダーを入れようとするが
今度は中身がつまってでない。
一旦あきらめる。

飼育書を再びおさらい。
うまい保定の仕方。強制給餌の上手なやり方。
読んでると簡単なのだが。

1時間ほど時間をおいて再び挑戦。
やっと成功。
しかし銀ちゃんの抵抗はすざまじい。

ケガニちゃん帰宅。

ネットで、テリトリー外の高いところに連れていくと
おとなしくなるというのを読み、8時の回の給餌では
ダイニングテーブルの上に連れていき給仕。
ぴすぴすと鼻をさかんにならすが、確かにケージの前よりは
大人しい模様。

この後、眼振が少しましになったような気がする。

すっかり心が軽くなり、遠い方の獣医さんが与えればよいと
言われた中国野菜の菜心を買いに近所のスーパーへ。

これで調子にのってしまい、その次の回の10時には
少し量をふやして7mlを与えようとする。
途中から大抵抗。
ものすごく息が早くなり、これは危ないと
急いでケージに連れて帰るが、てんかんに近い症状になる。

横倒しになったまま目を見開き脱糞。
このまま死んでしまうのではないかと、こちらの心臓も
とまりそうになる。

12時の回は一回とばすことに。

ショックのせいか給餌まえより深く傾いて、うずくまる銀ちゃん。
頭のゆれも大きく、眼震ももどってきている。
ごめんね。

給餌をしなくては強い抗生物質が消化機能を
荒らしてしまうので、薬を与えるためには給餌が必要。
その給餌がこんなにストレスを与えるのでは、
病状がよくならない気もし。
どうすればいいのかと少し暗い気持ち。

でも、3日目ぐらいから劇的に回復したという例をネットでも
何件も見たので期待しながら次の日を待つ。

斜頚記録 3につづく・・・



プロフィール

 銀ママこと、咲乃月音

Author: 銀ママこと、咲乃月音
1967年大阪生まれ。
1994年より香港在住。
第3回日本ラブストーリー大賞に
入賞、作家デビュー。
家族はウサギの銀姫と
アメリカ人のケガニちゃん。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。