スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての父の日

DSC00657.jpg


父の日に、生まれて初めてカードを買った。

ケガニちゃんのお父さん宛てのカード。

あたしには父親がいてない。

オカンと父親はあたしが生まれるずっとずっと前に

別れてしもてた。

それを特別さびしいと思うたことはない。

いてた人がいなくなったら淋しいんやけど、

あたしの人生には最初っから父親というもんはいてなかったから。

家にお父さんというもんがおるって、どんな感じなんやろうと

ぼんやり思うたりはしたけれど。

ほんでも、テレビや映画のごっつい素敵なお父さんを見たら

ええなぁって思うた。

あんなかっちょええ、娘思いのお父さんやったら、ほしいなぁって。

連れには、そんなん、ほんまにいてるかいなって笑われたけど。

去年、父親と15年ぶりぐらいに会うた。

手と手をとって、涙を流して、ずっと会いたかったんやと、

そんなことは期待してへんかったけど、

別に会いたくもなかったと、生まれてこんでよかった子供やったと、

まるで天気の話しでもするような口調で言うたその人。

人生はドラマやない。

現実なんてこんなもんやと思うた。

秋、結婚式の前の日の朝、ケガニちゃんのお父さんと

庭のダリアを摘んでた。

まだ朝露で湿った地面を気にしながら

ふたりで黙々と花を摘む。

その時、普段から口数が多くはないケガニちゃんのお父さんが

ふと言うてくれはったこと。

君はこれから僕の家族だよ、僕のもう一人の大切な娘だよ。

あたしの人生にもドラマが起こった。

涙が出た。

あたしにもお父さんができた。

お父さんと一緒につんだ白いダリアを髪にさして、

次の日あたしはケガニちゃんの元に嫁いだ。

ありがとう、お父さん。

お父さんと呼べる人がいるということは

こんなに気持ちがあったかくなることやと

この歳になって知りました。



ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしく。
    ↓

banner_02.gif
  









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ママン、今日の日記には迂闊にも泣かされた。・゚・(ノε`)・゚・。

有ると無しって、どっちが幸せで不幸せかなんて決まらない事だけど、私にはたまたま生まれた時から今まで母と父がいて、時には疎ましく思った時もあったけど、それさえも幸せなことなんだな~と、今では思える。
普通になってしまってる事ひとつひとつに、もっと感謝するべきなんだよな。。

そんなことを、今日の日記から学びました。
銀ママン、ありがとう♡

ケガニちゃんのお父さんのことば、うれしいですね。

銀ママ、泣けたわ。ケガニちゃんのお父さんとのやりとりに泣けた。よかった。銀ママ。
銀ママは生まれなくていい子じゃないよ。
生まれたお陰で人生楽しくしてもらってる人はたくさんいるよ。

いきなり落涙してしまいました。
生まれてこなくてもよかった人なんて、この世にはいません。みんなちゃんと意味を持って生まれてきてるんだと私は思います。
ケガニちゃんの御父さんの僕の家族って言う言葉に感激しました。思いっきり甘えてください。

あんたまた!朝からいきなり泣かせやがって☆
父の分までパワーあるオカンに感謝せなね。この歳になってわかること。あの時代に、ひとりで子を産むと言う決断をするのがどれほど勇気が要る事か。
母娘の絆が深くてええなあーって思うよー。

ケガ二ちゃんのパパ、ステキなお父さんでよかったね!
私もそんな優しい義父ほしいよーぉ!

素敵なお父様ですね。

そしてその素敵なお父様の息子の旦那様もきっと素敵な方なんでしょうね。

そしてそして、その素敵な息子さんが愛した銀ママさんも、素敵過ぎる方なんだろうな。

感動しました、泣けました。
ありがとうございました。

鼻水ズルズルさせてます。
泣いちゃったですやん。
良かったです、ホントによかった、ええお父さんができて。
お父さん孝行とか 子供みたいに甘えるとか、いっぱいして欲しいな、銀ママさんには。

とても良い話ですね!^^
心温まる大事な宝物の話を教えていただきありがとう。感謝いたします。
もしかしたら心のどこかにしまっておきたい話だったかもしれないのに・・・・ねッ
なくなった父親、義理父を思い出しました。

人生の先輩として反面教師にもお手本にもなりそうですね・・・・

胸があつくなりました。
ほんと素敵なお父様に出会えて良かったですね!
今の幸せな銀ママさんがいるのも、どしんと構えたお母様が居るからですね、今まで色々なご苦労もあったでことしょうが、これからは新たに増えたご家族と一緒にぬくもりのある素敵な時を過ごしてください!
そして素敵な家庭をケガニちゃんと一緒に築いてください。

タカ④ちゃん>オカンと二人っきりやったんで、結婚して一気に、お父さん、もうひとりお母さん、妹と家族と呼べる人が増えたのはほんとに嬉しかったの。この最初の感謝の気持ちをあたしも、忘れないようにしたいと思います。

とびのしんさん>本当に心にしみて嬉しかったです。よい娘にならねばと思いました。

かなりんさん>ありがとう~。そんな風にいってもらえると嬉しいわ。何で生まれてきたんやろ?って青春ドラマのようなことを思うたこともあったけど、生まれてきたのは、もうそれだけで意味があるんやなって今は思うたり。

まりかずさん>ほんと、そうですよね。自分が生まれてきた意味は自分で作っていくとも思います。ケガニちゃんの家族はみんなあったかい人で、そういう人たちにめぐりあえてよかったなぁと思います。

殿下>ほんまにそれは思う。よう産んでくれたなって。そこに行き着くと、色んなことも、すうっと消化されることも。
喜びも悲しみも生まれてきたからこそやもんね。

キンタローおかん>ほんまね、優しいお義父さん。あともうちょっとしたら、父の日コールをせねば~。

ららさん>素敵なお義父さんです。いつも穏やかで優しくて。ケガニちゃんは・・・お母さん似? はははは。大切な娘といってもらえるよう良い娘になるよう努めます。

こいはん>なんか、お父さんなんか、別にいらんって言うてたんは、やっぱり強がりやったんかなとケガニパパと接してると思いました。素敵な父上ができて、ほんまに嬉しいです。

Y子さん>いえいえ。身内の話しのご披露で失礼しました。
ケガニパパは人生の先輩、うちのオカンは反面教師かも(笑)

京子ちゃん>おお、ありがとうございます。ケガニちゃんとの家庭はあったかいを通り越して、熱いかも(笑)
でも、家族ってええですね。
来月NYに行くのでケガニファミリーとの再会が楽しみです。

父親って母親に比べて子供に対する愛情表現が下手な気がします
お父様は色んな思いが入り混じって、虚勢を張るために傷つける様な事を言ってしまったのかもしれません…
思う様に、器用に生きれないからドラマみたいな人生に憧れるのかと…
今は新しいファミリーがある。素敵な事です。
meimei両親は海外にいる娘の誕生日を本気で忘れてる様なドライ両親ですが、自分の誕生日をアピールする事は絶対に忘れません。しぶといです
meimeiも…早く素敵な家族を自分の力で作りたいと思います

meimeiさん>大家族っていうのがある意味、憧れやったんで、家族が増えて、嬉しいです。meimeiさんにもその日がきっと! 楽しみにしています。

素敵なお話ですね。
幸せな色の涙があふれました。

先日母と話していたばかり。
父の日って最近縁遠いわ(関心ないわ)、と。
結婚してすぐに義理父が亡くなり、うちの父も他界して6年。
昨日はたまたま祖母の一周忌で実家にいたのでチビと父の仏壇で
手を合わせて来ましたが。

しばらくして、思い出した。
「あっ、父の日だ。(チビができたからパパも父だった。)
まぁ~いいや、だって母の日ももらってないし(笑)」

毛がにちゃんがパパになったら父の日のプレゼントにボロ泣きしそうな感じですねv-238

銀ママさん、仕事中だというのに・・泣かせるじゃあ~りませんか。。
(勝手に仕事中見ているのはあたし!笑)
実はうちの子、父親の顔を知りません。一度だけ「チビ太のおとーさんは?おとーさん欲しいな~」と言われた事があります。ありのままを答えました。
私自身は、やはり、顔が記憶にあったり愛情を受けてからよりさっさと別れて良かったと思っています。
今は私がチビ太の父親をしています。(結構大変!)将来、銀ママさんの様に、ステキなお父さんと出会って欲しいです!!

ももママさん>今年までは父の日というもんに縁がなかったので、なんか不思議な感じです。母の日が先やから、なかったら父の日もなし!っていうのはいいですね。
ケガニちゃんは、きっと、父の日や~って大騒ぎするはずです。

ダイヤさん>ダイヤさんみたいな素敵なお母さんがいたら、それだけで、ちび太くんは幸せかも。
二人いても大変な子育てを一人でされてるのは、すごいパワーやと思います。尊敬です。
あたしも、ちび太くんに、素敵なお父さんに出会ってほしです。
で、ダイヤさんにはもちろん、馬車に乗った王!!!!!

オカンさまは神様から授かった銀ママから、たくさん幸せをもらい、今まで前進してきたのだと思う。
銀ママが、オカンさまに生命のパワーを与え続けてきたと思う。 母親思いの娘がいて、オカンさまの人生は幸福だと思う。 お父さんと摘んだダリアを髪にさして嫁いだ。。。 映画の様に素敵。 一生忘れないね♪

madam>おお、お久しぶり!
ほんとね、ダリアの花を見るたびに幸せな気持ちになると思うわ。
来月ケガニファミリーとの再会がたのしみ。
プロフィール

 銀ママこと、咲乃月音

Author: 銀ママこと、咲乃月音
1967年大阪生まれ。
1994年より香港在住。
第3回日本ラブストーリー大賞に
入賞、作家デビュー。
家族はウサギの銀姫と
アメリカ人のケガニちゃん。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。