スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NY フィッティングマスターはモーリシャス人?

      本日の銀姫: おやつ?




お耳ピンピンでおねだり中の姫



花摘みばあさんが、がっつりラベンダーをゲットした頃、ようやくケガニちゃん起床。

今日は貴重な、唯一NY市内へ行けそうな日ということで
ぼおっとしてるケガニちゃんのケツを叩いてNYへレッツらGo!

まず最初は、ケガニちゃんがカニ姫の結婚式ではくズボンを見に。

カニ姫ダーのGroom’s Manのケガニちゃん。
みんなお揃いのズボンを履くらしく、カニ姫ダーご指定のお店へ。

この日の晩は市内の連れのところで泊めてもらう予定やったあたしら。
ずうっと昔に釣りツアーでもうたモーリシャスのホテルの名前入りの
大きなカバンをもち( ちなみに色は緑! )
夜はレゲエを見にいくと聞いて、サンバなブラウスを着たあたしと
NYヤンキーズのTシャツを着たケガニちゃんと。
とっても安っぽく、カジュアルな二人。

そやのに、カニ姫ダーのご指定でやって来たのは、Paul Stuart !

げええええ。
なんか敷居が高いぞ。
特に、あたしらのこの格好プラス、
モーリシャス釣り大会バッグ ( しかも斜めがけ☆ )

入り口からして、わしらトラッドの王様やけんって言うてそうな
重厚なドアを押して、おそるおそる入る。

ひえ~、失礼しました!ってきびすを返したなったわ。

だって、3階まで吹き抜けで続く、どっかの高級図書館 ( 何それ )のような内装に
ずらりと並ぶのは、びしいいいいいっとスーツを着こなした店員さんら。

それもまた、みんな、ゴッドファーザーに出てきそうな
渋い中年のおじさんの店員さんらよ。

激しい場違いを感じながらも言われるまま、海老腰で2階にあがっていく。

試着エリアも、なんかサロンのよう。
そこに燦然と君臨してたフィッティングマスター!

歳のころ、50歳ぐらい。
ロン毛、ちょっと天パ、きっとヨーロッパ貴族の血をくむであらう ( ほんま~ ? )
むちゃくちゃダンディなおじさん。

その彼が台の上に乗ったお客さんの襟から、肩から、袖から、
足から、ウエストから、それはそれは細かく、
つまんだり、ゆるめたりしながらスーツの調整をしてはる。

はらりと落ちるちょっとカールした前髪を、指ではらいつつ
お客越しに鏡を眺めるその目が・・・セクシーやないのぉぉぉぉぉ。

いや~ん、ロリコンのあたしやけど、世の中にはこんな美味しそう・・・
いや、かっちょええオジサマもいるのね。
さっすがNYや。

スーツに印をするチャコペンも、その繊細な指がもつと、
偉大な指揮者のタクトのようだわっ!
ジャジャジャジャ~~ン!

なんて素敵なのかちら。

おほほほほ、アジアもええけど、NYもええわねぇ。

で、ひと通り、調整が終わったら、その見てもうてたお客さんが
『 おお、ありがとう。 君に見てもらえて光栄だよ 』 とかって
ブンブン握手。
フィッテングマスターのほうは軽く 『 あ、どうも 』 って感じ。

ただもんとちゃうな、おっさん。
ちょっと服つまんで、こんなに客が喜ぶなんて。

次のお客さんも、抱きつかんばかりに 
『 君にフィッティング見てもらえるなんて~ 』
とか言うてるし。

すごい! カリスマフィッティングマスターや!

えええ、ケガニちゃんも、この人に見てもらえんのん?
すごい!
関係ないけど、びっしり横にはりついたるもんね、わし。

いや~ん!
マドモアゼル ( なぜにフランス語? )、お目が高い ( 何の? )
って言われちゃったりしてさぁ。

マドモアゼルはわくわくで待ってたのに、
試着室から出てきたケガニちゃんを迎えたのは、
他の普通の店員さん。

しかも、夏日のNY、湯気が出そうに汗かいてるケガニちゃんに
近づきたくないみたいで、腰がひけてる☆
仕事とは言え、気の毒。

それでも、裾をこれぐらい、太腿のあたりはちょっと出して~と
作業はすすんでいく。

と、ケガニちゃん、自分の股間を指差して、
ここも、もうちょっと広げて~、タマが窮屈や~!

ひえええええええ、倒れそうになったけど
店員さんは顔色ひとつ変えず、はい、かしこまりました、
股間も広げるんですね。

????? 
後できいたら、そんなん別に普通らしいわ。
いや、タマが窮屈とは言えへんと思うけどさ。

ほおおおおお、股間の幅までフレキシブルとは!
さすが、自由の国、アメリカや!

妙な感心をしつつお店を後にする。
と、ケガニちゃんはケガニちゃんで、何かに感銘した様子。

あの他のフィッティング見てた人、きっとモーリシャス人やでって。

????? は、何で?

だって、僕のこの釣りのバッグ、すごいジロジロ見てたもん。
きっと、このホテルのことも知ってるんやわと、
カジキマグロがぴょんぴょん飛び跳ねてるマークを指差す。


・・・・・・彼はモーリシャス人やないに1万点!
『 こんなバッグ持って、うちの店に来た奴初めてや~ 』 でジロジロに
さらに一万点!

さらに、さらに、そんなケガニちゃんはとっても幸せに10万点じゃ~っっ!


ここで一句 : フィッテング つきそう方も 汗をかき 



ブログランキングに参加しています。よろしく♪
    ↓

banner_02.gif
 









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

めっちゃわかりやすい説明。
読みながらその光景が頭に浮かんできました。
超~豪華なお店に入るカジュアルな二人、
その前で接客するくるくるロン毛のヨーロッパ貴族・・・
そんな場所でタマが窮屈や~ってなんて言われたものなら私も倒れるかも(笑)
やっぱりケガニちゃんはどこに行ってもケガニちゃんなんですね。
面白すぎなのでず~っとそのままで変わらずにいてね。
私もそんなケガニちゃんに10万点、さらに倍の20万点!





bikkyさんと同感!
めっちゃーわかりやすい!
光景が目に浮かんで、ププーって笑ってしまった。朝から楽しいわあ~
ケガニちゃん、試着したズボン、くいこんでたんやね。(コッソリ)
幸せならいいじゃない!100万点!ヤッホー

うわ~。すごいなぁ。そのフィッティングマスターも、ケガニさんも。(笑)
私はモ-リシャス人の勘に掛けます、ケガニさん当たってるかも?に、1万点。


おぅ!!私もモーリシャス人がいるお店、行ってみたいわん!!

レゲエ・・夏ですね~!
NYの夏!金鳥?の夏!
タマや~♪おまけに・・マタや~♪

今でこそ「青山」や「はるやま」と紳士服も庶民の必需品ですが、一昔前はかなり高級な洋服だったイメージがありますね。(←かなり古いかな?(^_^;)

ケガニちゃん、素敵なジェントルマンに変身した事でしょう。o(^-^)o

bikkyママさん>ほんまに、店に入るだけでも汗かきましたのに、さらにタマ発言で汗。
ケガニちゃんとおると汗かくことが多いような・・・
ほんまに幸せお方には間違いないみたいです(笑)

まりかずさん>くいこんでたみたいです(爆)
でも不思議~。女にはわからん感覚。
左右に分けてぶらぶらさせてたら、それでええんとちゃうんかな~って思うたんですが(笑)

こいはん>密かにギャンブラーなこいはん。ハイリスク、ノーリターンかもしれませんよ(笑)
とか言うて、ほんまに釣り好きなモーリシャス人やったりして???

ダイヤさん>ぷぷぷぷぷ、タマや~、マタや~!
女のあたしにはわかりませんが、きっと納まりが悪いのんって大変なんでしょうねぇ。
モーリシャス人もびっくりです。

Coroさん>Coroさんだけですよ、そんなん言うてくれはるの! ケガニちゃん、きっと感涙すると思います。
ジェントルマン、これほどケガニちゃんと対極にある言葉があるでせうか・・・

仕立て特殊用語に「きんぐせ(ドレスカット)」というのがあります。
http://www2.odn.ne.jp/~cat91780/page2/sitateyougo.htm
http://www2.odn.ne.jp/~cat91780/page2/cultk.htm

とびのしんさん>す、すごおおおおおおおおおいいいい!
『きんぐせ』!!!
こんな言葉があるなんて!!!!v-12
淑女のみなさま! 注目ざます~~!

そんな高級店にカジュアルで入る。さすが、
入り慣れてる銀ママカップルにはかないませんわ~。
しかし、そのカリスマフィッターは何者でありませう???
正体が知りたいと思ったのは私だけ??
^^;

人によってはそれが2cmではなく5cmとかいるかもね。ケガニちゃんも素晴らしい一物をお持ちなのね

カリスマフィッター写真一枚を!!って思いました。気になりますね~♪
きっと裸足で革靴履いてそうですね!!
チョイワル系間違いなし♪

きっと、カリスマフィッター氏、若い頃にモーリシャスのそのホテルで、素敵な思い出があるに違いない!その思い出にひたってたから、毛蟹チャンの採寸忘れたんだわー。

かなりんさん>香港ではみんなデロデロなんで、気をぬいてましたが・・・NYではぴしってしてました☆ 
あのフィッティングマスターはほんまにあれが専業やと思います。
そういう職業もあるんですね~~~。

じゅんじゅん>いや~、でかいのはタマ?(笑) ただのデブかも( ←むっちゃひどい?)

ともちゃん>か~な~り、フェロモンでてました。あのカリスマフィッター!!!
エロ悪って感じでした。
まいります。( ←何が? )

ちはや>ほんま~~~????? 
モーリシャスは素敵なとこやけど、あの釣り大会のバッグはちゃうと思う(笑)
TPOという言葉はケガニちゃんの辞書にはありまちぇんのん。

カリスマフィッターさんの、写真が見たかった。。。
でも、そのような格式高いお店で写真は
ちょっと撮れへんよねえ。。。
そのカリスマきっとモーリシャスに、
素敵が思い出があって、一時甘い思い出に浸ってたのよ(笑

Kyonkoちゃん>そやね~ん。さすがに写真はとられへんかったわ~ん。
でもな、渋いおっちゃんがウジャウジャおった。
みんなスーツが似合ってて。
場違いという言葉が太字の大文字で頭に浮かんだわ(笑)
プロフィール

 銀ママこと、咲乃月音

Author: 銀ママこと、咲乃月音
1967年大阪生まれ。
1994年より香港在住。
第3回日本ラブストーリー大賞に
入賞、作家デビュー。
家族はウサギの銀姫と
アメリカ人のケガニちゃん。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。