スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親ばか診断

香港晴れの土曜日。

ケガニちゃん、そんなプリチーなカバン持ってどこへお出かけ?




前々から、我が家の懸案事項やった姫の健康診断。
ついに実施。
このバッグの中にはうちの姫が。

でも、香港サイドにはウサチャンに詳しいお医者さんを
よう見つけんかったんよね~。

随分前にうさんぽの後に調子を崩した時は
いつも行く家の近所の獣医さんに行ってんけど、
たまたま、いつもの先生がいてはれへんくて、
診てくれたんは臨時勤務のお医者さん。
散歩につれていったら、その後、食欲がなくなって
調子が悪いんですが~と言うたら、
うさぎ? 散歩? とかって言いながら、ぷぷぷって笑われたのよね。

怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒

体重も測らず、聴診器もあてず、こうやって僕の手をぺろぺろ
舐めてるぐらいやから大丈夫でしょう、で終わってしまい、
う~ん、今度なんかあったら、他の病院のほうがええかもって
思うてしまったのよね。
だって、救急のときに、またこの臨時勤務のお医者さんしか
おらんかったら、心配で鼻血でると思うねん、わし。

ほんでも、この臨時のお医者さんもやけどさ、
なんで、うさぎって軽んじられるんやろう。
うさ飼いとして一番頻繁に聞かれるヤな質問2つ。

うさぎってアホやろ?
うさぎって臭いやろ?

うさぎはアホではありまっせん!!

しかも、これって滅茶苦茶、失礼な質問やと思うねんけど。
なんで、うさぎだけ。
だって、金魚飼ってる人に 『 金魚ってあほやろ? 』 っていう質問は
あんまり聞けへんのよね。
でも、うさぎやと、すごい当然のようにアホ?ってきく人が多いこと、多いこと!!! 
賢いっていう基準を従順とか、人間の期待通りに行動するっていうなら
うさぎは確かにちゃうかもしれんけどさ、ちゃんとわかってて、
人間の思うとおりにはならへん誇り高き生き物なのよぉぉぉぉ! ゼイゼイ。

で、次の質問のくさいかどうか。

くさないっっっ!

くさないねん。ほんま。 猫と一緒でグルーミングするから。
確かにおしっこは臭い。 ほんでも、おしっこなんて誰のんでもくさいやんけっ!!
あたしのウ●コなんて100万倍くさいさっっ!

・・・・あれ? 話しがそれた?

そうそう、で、今回ははるか遠くの九龍サイドに小動物専門医が
いてはるっていうのを聞き、たずねたずねて三千里、行ってまいりましたの。

とあるKCRの駅から徒歩10分弱やねんけど。
最初、ほんまにこんなとこに???って言うぐらいローカル濃度が
むっちゃ濃い中を延々歩く。
ほんまに、こんなとこにあんのん~?
診察しますとか言うて、そのまま肉屋にうりとばされたらどうしょう!

また爆想しながら、キョロキョロしてたら、目指す看板が!
あった、あった~!

DSC05718.jpg


すっごいなぁ。
珍禽・異獣医院!?
名前はすごいが ( ケガニちゃんも診てもらえそう? )
院内は清潔かつお洒落で、すごいええ感じ。

DSC05723.jpg


こんな僻地に、こんな洒落た動物病院があるなんて。
香港やっぱり深いわ。

いたずら好きの飼い猫注意のポスターもなんか可愛い。

DSC05722.jpg


ほ~と、ひと息つくあたしとケガニちゃん。

DSC05719.jpg


で、肝心の姫は大丈夫かな?
途中のバスや電車の中でも、かなり目ぇ剥いてぶるぶるやったけど。

DSC05720.jpg


やっぱり出来るだけ隅によって丸まってる。
元気づけに大好きな乾燥人参をやってみるけど、見向きもせえへん姫。

うううう、早く順番終わって、早く家に連れて帰ってやりたい。

待つことしばし。
誰もいなかった待合室にマルチーズちゃんをつれた人と
パグちゃんをつれた人がくる。

と、もう一人、大きなビニールのショッピングバッグに
何かを入れた男性も登場。
大事にひざの上にかかえて微動だにしはれへん。

あの中味はなんやろ?
亀?
とかげ?
それとも蛇?
気になる。

予約より早い目にいったけど、結局待つことに。

バグちゃんも、マルチーズちゃんもワフワフ、ハッハッと落ちつかなそう。
銀ちゃんはバッグの中で犬の声に反応してさらに固まる。
それを見たケガニちゃんが受付にいって 
『 うちのウサチャンがナーバスになってもうてる! 早う診たってくれ~ 』
と文句を言う。
なかなか賑やかな待合室。

やっと順番がきてあうた先生はイギリス人の僕ちゃん。
丁寧な問診と診察にひと安心。
うさぎのこともよう知ってはるみたいやし。

穏やかな中ですすんでいく診察・・・やってんけどさ。

診察室の後ろ側にはどうやら入院室があるらしく
ワンワン、にゃんにゃんと声がする。
看護婦さんが出入りするたびに、その後ろの部屋へのドアが
どうしても開けっ放しになってしまい、
そのたんびに、ケガニちゃんが、
うちの姫がこわがるやないかあああと、
ドアを閉めに走る。
あんたの声の方がでかいねんけど☆
いつものことながら、激愛・溺愛なんであるよ。

今回は健康診断のほかに避妊手術の相談も。
あたしとケガニちゃんは姫の避妊手術について、
ずっと悩んでたんよね。

した場合のリスク、しなかった場合のリスクなどを、これまた
すごく丁寧にわかりやすく説明してくれはって
ちょっと胸のつかえがとれた。

9月24日に姫の手術の予約をした。

あたしは次の予定があったんで、診察室を出たらダッシュせなあかん。
その前に、もう一回姫にご挨拶。

DSC05721.jpg


もう終わったんがわかったんか、だいぶんリラックスした様子にホッ。

何はともあれ健康第一。
無事に健康診断が終わってよかった、よかった。


ここで一句: 親ばかは どんな医者でも 治せない


ブログランキング、Clickよろしく~!
    ↓

banner_02.gif
 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

人間の子供の小児科選びとホンマ同じやね。
姫君は私のうさちゃんを見る目を変えてくれた貴重な存在。心は勝手に姫君の親戚のおばちゃんになってます。
写真のメチャ不安げなお顔にマジでウルッときたりして。
避妊手術、今からもう、ドキドキやわ。やったげた方がエエから決めはったんやもんね。
おばちゃんは遠くから姫君の健康を祈っときます。

九龍にちゃんと小動物病院があるんですね。亀と鳥とカメレオン?看板もなんか見入ってしまいました。
普通の動物病院だと犬猫が中心だからうさちゃんをちゃんと見てくれるか心配ですよね。
まあ人間のお医者さんは人だけ見てればいいけど
獣医さんって犬猫~鳥や魚や爬虫類や・・・
いろんな知識を持ってないとダメでしょ。
そう考えると広く浅くって感じなのかな?
うちも一番最初にBikkyを車に乗せ実家に帰った時、全然ご飯を食べなくなった事があります。
その時初めて病院に連れて行ったけど歯とお尻を見て、元気ですよと言われたっけ~
え?それだけ?もっとちゃんと見てください!って感じでしたが・・・
結局、環境が変わり、それがストレスになったのかな?(と勝手に判断)
2.3日したら普段どおりに戻しましたけど。

ほんまに医者も得意分野と不得意分野が
あるみたいですね。どうしてもうさぎは、
専門知識を持ってる医者が少ない気がします。
この間、うーちゃんを病院連れて行ったら
参考書片手に見せられました。それくらい、
あたしでもできるがな!!て思いました。

親バカなんて治す必要ないのよ~^^
怒のバーがいいわ~^^

そうか~検診行ってきはったんやね~
ケガニちゃんと二人係で幸せな姫ちゃん!
避妊手術するのね。3歳までには済ましたほうがいいよね。よく決断しはったね。
生殖機能を神様にお返しする代わりに長い生命をいただくっていう考え方に賛同しはったのね。
うまくいきますように。

それにしても珍禽、異獣医院ってすごい病院!^^

タイワイまでいったんや!むっちゃ遠いなあ!
しかしその病院はなんでも見てもらえそうな名前ね~!
珍獣、異獣、怪獣?
だけど、ほんまいい先生ってなかなかみつからへんから、
遠くったって行くだけのことはあるわよね。

銀ママさんが不安な病院だと親心を察知して、
姫ちゃんまで不安にあるので、病院選びは大事だと思います!
合った病院と出合えて良かった良かった☆

凄い看板…まさかこれが病院の看板だとは…
いいお医者さんにめぐり合えたみたいで一安心です。中にはいい加減なお医者さんも沢山いますもんね…
それにしても看板が気になります。凄すぎる

その時あたしいるし、お供しようか?1人で行くの不安でしょ。ってケガニちゃんも一緒に行くの?
それにしてもうさちゃんってセンシティブなんだね・・・。生まれた頃から犬や猫を見ていたり、外出していたらそんなに怯えないのかな?

こいはん>ありがとうございます! 手術はずうううううううううううううっと(長い?)悩んでました。
でも、出産経験のないうさちゃんが婦人家系の病気やガンにかかるのは50%以上の確率なんですよ。
で、ついに決心。
これが正しい選択かどうかは、いまだに心がゆれるところではるのですが。

bikkyママさん>うちも、初めてのうさんぽの後、ハンストされ、ふらふらになってしまいました。
おおごとになったらどないしょおおおおと、半泣きでつれていったのに、ぷぷぷと笑われてがっくりやったんです。
この病院は小動物専門みたいなんで、安心しました。

ともちゃん>最近、だいぶん、うさ飼いさんも増えてきましたが、まだまだ、やっぱりポピュラーやないですもんねぇ。
この病院は会社のボスに教えてもらいました。
うさちゃんに詳しい先生みたいでよかったです。

まりかずさん>そうなんですよ~、もうすぐ3歳やし、どうしょうかなぁとずっと悩んでました。
何が銀ちゃんにとって幸せな選択なんかは、やっぱりわかりませんもんね。
これでよかったんかなぁとやっぱりまだ少し思ってます。
しかし、すごい名前ですよね。
銀ちゃんより、ケガニちゃんが診てもらいそうなかんじ・・・

きょんこちゃん>そやねん、会社のボスのチンチラちゃんがここで診てもらっててん。
めちゃくちゃローカルな通りに突如として
お洒落な病院が出現するからびっくりしたわ。
怪獣病院! ケガニちゃんにぴったり。

ダイヤさん>そうですよね~。あたしがしゃんとしとかんと、姫も不安ですもんね。
でも、実は大阪でねこを飼ってたとき、やっぱり避妊手術をしたんですが、つれていくだけで、ばば泣きしたのはあたしです(笑)
今度はがんばらなくっちゃ。

meimeiさん>そうなんですよ~。言葉が通じる人間のお医者さんでも、怪しいお医者さんがうようよの香港。
ええ病院がみつかってよかったです。
看板はすごいですが(笑)

じゅんじゅん>いいよ~、朝の9時半にタイワイやで(笑)
犬とか猫ってうさちゃん食べちゃうのよ。
だから本能的にこわいみたい。
食われる~~って!
ケガニちゃんのアメリカでの元飼い猫はよくノウサギちゃんを狩ってきてたらしいし。
自然の摂理ね~。


香港はすすんでる~。日本なんてうさぎに
詳しい動物病院なんてない!
レントゲンまで撮ってもよう見ないし。
おかげで先代の仙太はお月さまへ。
このこらのために香港に移住しようかな、と
読みながら思いました。(って勝手にいってる私であります。)

かなりんさん>うさちゃんのために香港移住!!!
愛やわ~♪
お待ちしておりまっせ~。 獣医さんツアー飲茶つき!!
いかが?(笑)

銀ちゃん、避妊手術を受けるんですね。
うまくいくことを祈ってます。

誇り高き無臭ーダ

ほんま、うさぎってにおわないですね。におうとしたら干し草のにおい。
ときどき、体に鼻をくっつけて大きく息を吸って、においを嗅いでます(笑)

ご無沙汰です。
去勢。してもしなくてもリスクは生じますね。
とは言っても、私の持っているのは犬の知識だけど。

我が家では家から出ると云う機会が無いのでモグリで
飼われている犬です。でも丈夫。同齢に比べて
若々しいみたい。前の犬が亡くなった時は、年齢に
先生が驚いていました。

病院。動物なら尚更、言葉が通じないから選ぶのが
大変。保険が効かないから高いし。安くて良い病院は
必らず混んでいて、1分1秒を争うときは避けたい。

幸いにも、我が家の近くには24時間体制で営業している
病院があるけど、一部では夜中は医院長が酔っ払い
とかで、色々言われてる。でも、犬猫はもちろん
フェレットや小鳥、エキゾチックと呼ばれる生物
(イグアナとか?)でも何でも診療してくれるし
何だかんだ、我が家のパグさんは安心して診療を
受けている。私には、この先生がそばにいて本当に
良かったと思う。

でもね。ウチのお犬様は女医さんと看護婦好きの
なんだかエロい犬です(汗)

銀ちゃんが元気で、お医者様との相性が良いことを
お祈りします。長々と失礼しました!

健診いかれたんですね~
私も先日いったクチなので銀ママさんの緊張が手にとるようにわかります~
とにかく銀姫ちゃんが、驚いてないか、ストレス感じてないか、ヒヤヒヤしますよね。
でも銀姫ちゃん愛されてる~
バッグの中に銀姫ちゃん、落ち着いてサスガって感じ。
去勢手術、悩みますね。
ミンキーを飼ってすぐ本をドッサリ買って読んで初めていろいろ考えちゃった。
子宮系の病気考えると必要ですよね。
プロフィール

 銀ママこと、咲乃月音

Author: 銀ママこと、咲乃月音
1967年大阪生まれ。
1994年より香港在住。
第3回日本ラブストーリー大賞に
入賞、作家デビュー。
家族はウサギの銀姫と
アメリカ人のケガニちゃん。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。