スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斜頚記録 2

獣医さんからの帰り道、ケガニちゃんに先に銀ちゃんを
家に連れて帰ってもらい、スーパーで銀ちゃんが好きなものを
購入。
バナナ、りんご、レタス。

とにかく食べさせることが大事だと獣医さんも言ってたので。

好きだったものでも食べるものと食べないものが。
ペレット、乾燥にんじんには反応がなくなった。
乾燥キャベツにもそんなに反応がない。
乾いたものを食べるのがいやなのか。

干草を与えながらマッサージ。
あまり食べない。
いつもより耳が冷たいような気がする。

乾燥にんじんは口にしないが、以前にCoroさんから頂いた
野草シリーズは変わらず喜んで食べるので、早速ネットで
15袋注文。
実家に送ってもらうことにする。

さらに斜頚のことをネットで調べると鍼灸治療というのが目につく。
早速、鍼灸師のA先生に電話。
うさぎの診察もできないことはないですが、感染からの
麻痺ならば、症状が落ち着いてからの方がいいでしょうとのこと。
銀ちゃんの症状も色々細かくきいてくださる。感謝。
また、湾仔に動物専門の鍼灸院があったはずとも教えていただく。
そちらもチェック要。

今、日本に往診中の気功の先生のスケジュールもチェック。
こちらは香港にもどられるのが10月の頭ぐらいとのこと。
残念。
でも、もどられたら一度往診を頼んでみるつもり。

おぼれるものはワラをも・・・と言うけれど
効くということは、どんなことでも試してみたい。

明日、明後日は月末でどうしても会社を休めないので
ペットシッターのMさんに来ていただくことに。
今日も様子を見にきてくださる。
いつもと同じように、しっかりしてなくちゃ銀ちゃんが
不安になるわよと励ましてくださる。
色々な獣医さんの名刺も持ってきてくださった。感謝。

午後からは以前、東京のプラズマ療法で購入した
携帯プラズマを銀ちゃんの耳にあてながらマッサージ。
まさに、おぼれるものは・・・である。
母が送ってきた実家近くの神社のお神米もひとつぶ与える。
どうかききますように。

私がネットで調べた情報、また疑問に思ったことを、
ケガニちゃんは遠い方の獣医さんに電話で何度も問い合わせ。

近い方の病院では抗生物質だけだったので
他の菌や寄生虫対応の薬も投薬したほうがよいのではという
私たちの質問に、もちろん必要ですという答え。
斜頚の原因を即座に断定するのは難しいのだが
進行が早い病気なので、疑わしい要因はできるだけ
押さえておかなければならないらしい。

ケガニちゃんは遠い方の病院に薬だけとりにいくことに。
フェンベンダゾールを処方される。
こちらは一日一回0.25ml。

銀ちゃんは自分のおかれてる状況にまだなれないのだろう。
少し動くのもおそるおそる。

さらに、近い方のお医者さんは強制給餌は自分で食べなかった場合と
言っていたが、遠い方のお医者さんは食べる量が普段より
少しでも落ちているなら必ず必要とのこと。

気が重いが挑戦。
以前に調子をくずした時にもかなり頑張ったが
結局強制給餌ができなかったのだ。

まずシリンダーにうまく吸い取るのに四苦八苦。
少し動くだけでもパニックになる銀ちゃんを保定するだけで四苦八苦。
なんとか、おさまり、口にシリンダーを入れようとするが
今度は中身がつまってでない。
一旦あきらめる。

飼育書を再びおさらい。
うまい保定の仕方。強制給餌の上手なやり方。
読んでると簡単なのだが。

1時間ほど時間をおいて再び挑戦。
やっと成功。
しかし銀ちゃんの抵抗はすざまじい。

ケガニちゃん帰宅。

ネットで、テリトリー外の高いところに連れていくと
おとなしくなるというのを読み、8時の回の給餌では
ダイニングテーブルの上に連れていき給仕。
ぴすぴすと鼻をさかんにならすが、確かにケージの前よりは
大人しい模様。

この後、眼振が少しましになったような気がする。

すっかり心が軽くなり、遠い方の獣医さんが与えればよいと
言われた中国野菜の菜心を買いに近所のスーパーへ。

これで調子にのってしまい、その次の回の10時には
少し量をふやして7mlを与えようとする。
途中から大抵抗。
ものすごく息が早くなり、これは危ないと
急いでケージに連れて帰るが、てんかんに近い症状になる。

横倒しになったまま目を見開き脱糞。
このまま死んでしまうのではないかと、こちらの心臓も
とまりそうになる。

12時の回は一回とばすことに。

ショックのせいか給餌まえより深く傾いて、うずくまる銀ちゃん。
頭のゆれも大きく、眼震ももどってきている。
ごめんね。

給餌をしなくては強い抗生物質が消化機能を
荒らしてしまうので、薬を与えるためには給餌が必要。
その給餌がこんなにストレスを与えるのでは、
病状がよくならない気もし。
どうすればいいのかと少し暗い気持ち。

でも、3日目ぐらいから劇的に回復したという例をネットでも
何件も見たので期待しながら次の日を待つ。

斜頚記録 3につづく・・・



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「野草シリーズは相変わらず喜んで食べる」とのこと、少し安心しました。The prognosis is better for rabbits that are still eating. と、ウサギの内科書に書いてありますよ。薬は、テトラサイクリンのみでも効果は期待できますが、感受性を考えると、フェンベンダゾールを追加するに越したことはないとおもいます。銀ちゃんは現在、急性期で文字どうりのBrain Stormの状態だとおもいます。もし、痙攣がつづくようであれば、diazepam等も少量与えられれば、銀ちゃんも楽かなとは思います。この場合、呼吸抑制には、気をつけなければいけませんが、、、。身体には充分気をつけて。朗報を期待しております。

Mil’s Paさん>が、外人さんかと思ってました~~! いや、もしかして、むっちゃ日本語のお上手な外人さん????
・・・と失礼いたしました。
何よりも色々とアドバイス、ほんとにありがとうございます。
こちらの獣医さんにもこの内容をお伝えしたいと思います。
ご心配ほんとうにありがとうございました。

こんなに姫君も銀ママさんもケガニさんも頑張ってるんやもん。直れへんわけない!!
信じるものは救われる!!
病気に関してのアドバイスが何にもできんくて頼りにならへん自分が情けない。。。

そういえば斜頚と闘ってる方のブログに
ペレットフードを水にふやかしてあげたと書いてありました。
人間でいうお粥みたいな感じでしょうか?

銀ちゃん、今は辛いけど、銀ママさんとケガニちゃんがついてるから頑張ってよくなるんだよ~!

銀ちゃん、食事とお薬が効きますように。

私は動物の生命力を信じてます。それに銀ママさんや毛ガニさんの銀ちゃんへの愛情がプラスされているのだから、銀ちゃん、がんばってー。心よりご回復願ってます。

給餌はすごい大変なのわかります。
うちも口の中に溜まるだけでした。抵抗しないだけましだったかも。
とにかく、食べてもらわないと。
もしかして、気功の先生などは意外と効果あるかも。そんなことを信じてみたくなります。
銀ママさん、頑張ってね。みんな応援してます。

こいはん>そんな、そんなぁ。すごく励まされてます。
そっちのブログ見にいけなくてごめんなさいね。
昼間はネットに入っても、ずっと病気関係ばっかり見てしまってて。

bikkyママさん>いっぱい役立つアドバイスありがとうございます。
そうなの。ペレットにいまだに見向きもしないんですよね~>
ペレット粥、ためしてみます!

まちこさん>ありがとうございます。徐々に食欲ももどってきてるような気がします。
ご心配ありがとうございます。

cherrysliceさん>ありがとうございます。先日初めてコメントしていただいたのに、コメント返しもせずにすいませんでした。
すごく励まされました。元気なけがにファミリー復活を信じてがんばります!

かなりんさん>ほんとに、ありがとうございます!!
気功の先生、はやく香港にもどってきてほしいんですが。
緊急事態と言ってよびよせたいです(笑)
はげましの言葉心にしみます。

フェンベンダゾール!これです。
これがエンセファリトゾーンから来ている場合の斜頸対策、と・・付け焼刃ですが・・。

大丈夫、大丈夫、銀ママ、大丈夫だよっv-91
プロフィール

 銀ママこと、咲乃月音

Author: 銀ママこと、咲乃月音
1967年大阪生まれ。
1994年より香港在住。
第3回日本ラブストーリー大賞に
入賞、作家デビュー。
家族はウサギの銀姫と
アメリカ人のケガニちゃん。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。