スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サービス向上スイッチ

        本日の銀姫: すやすや♪

DSC04189.jpg


あたしに負けん爆睡ぶりやね、姫。


色んな驚きに満ちた先週土曜日の深センツアー。

イミグレでもちょっとした驚きが。

うちらが並んだんは、見事な角刈りのお兄ちゃんのカウンター。

前に、こういうのは女性係員の方が手ばやいときいたこと
あるんやけど、師匠Kちゃん曰く、女性はチェックが細かいから
時間がかかるとのこと。

なるほど、それも一理あるね。

プラス、係員の人の血液型も表示してほしなぁ。

ほんだら、迷わずO型係員のとこに並ぶわ。
あたしと一緒で、大雑把でどんどこスタンプ押してくれそうやもん。
反対にさけるのは何と言うてもA型係員さんかな。
丁寧そうやもん☆

で、この角刈り兄ちゃん、すごい手際よかった。

横の列とかよりはるかに早く前に進んでいくあたしら。

カウンターの前に行って、パスポートを出して
そこで目が釘付けになったもの。

窓口横の白いスイッチ。

ボタンが3つ並んでた。

英語と中国語で 完璧 普通 悪い というような言葉が
それぞれのボタンの下にかかれてる ( ちょっとうる覚え。
でも、英語はPerfect と書かれてたんは覚えてる )

??????

どうやら、イミグレの係員のサービス査定スイッチらしい。

へ~~~~~~、こんなん、イミグレで初めてみた!

おもしろい~~~。

押してみたくてウズウズ。
音が鳴るんやろか?
押したら、たちまち、この係員のお兄ちゃんに、どのボタンをおしたんか
わかるんやろか?

もしすぐわかるんやったら、サービス悪いときに押すのはちょっと根性いるような。

もっとサービス悪なるような気するもん。
通してくれへんかったりして???

でも、ええスイッチを押したら、もっとはりきってくれるかも?

広州に行ったときも海南にいったときもこんなんなかったよな?
これって深センのイミグレの特別バージョン?

イミグレのサービス向上キャンペーンって始めてみたかも。

しかも、中国やで。
この前向き、中国の変貌と言うてよいのではなかろうか?

これで、係員の人が愛想よく、かつ手際よくなったらすごない?

他の東南アジアのリゾート地でも是非とりいれてほしいあるよ。
だって、まったりした土地って、イミグレの人まで、
まったりしがちねんもん。

と言うて、むっちゃ愛想ようなってもこわいような気が。

笑顔で 『 いらっしゃいませ~、 スタンプはいかがですか? 
ビザはいかがですか ?』 
とかって???
マクドやないねんからね☆

で、結局、すご~く、すご~く押してみたかってんけど、
押さずにスルーしてしまったのよね。

そう思えばスイッチっておもろいよなぁ。

その小さなボディからあふれる誘惑パワー。
あったら押したなれへん?
特に何のスイッチやろう? 押したらどうなんのん?
っていう正体不明のスイッチのあの悪魔の魅力。
押してええんかな~、ええんかな~、え~いっ、押してまえっ!
押してもうたあぁぁぁというあの興奮。

中々そこまで盛り上がれるもんて他にないような。

今でも押したら何が起こったんやろうって、すごい気になるもん。

次回、深センを訪れるときには絶対押してみようぞ。


ここで一句: 押しちゃダメ 言われりゃ 余計に押したなり
( これもまたスイッチマジック。 誘惑してるとしか思えませんの )



ここにも気になるスイッチが・・・
押してくださったら、サービス向上(?)につとめさせて頂きます。
    ↓

banner_02.gif
  





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

人間の癒しのスイッチは、やっぱりうさぎを見たときオンになるような気がしますね。
銀ちゃんの寝顔も、スイッチ、オン! です!(*^_^*)

へえー☆ そんなんあったんやー☆
私とぼんちゃんは、おっそいおっそい列で、それどころじゃなかったわー。帰りはDVDでビビってたしカウンターの中見る余裕なんて無し(笑)

それは初耳です~~。中国も変わったのやな~~~と驚きを隠せません。
経済大国化しつつあるから、やっぱりサービス向上でしょうかね。
あったら、押したくなるのは必然かと。

とっても満足、満足、普通、不満足。やったような気するわん。
あれ、やってもらってる最中で、「不満足」とか押したら、どーなるんやろぅ?余計イヤがらせに遅くされたりして。。。別室に連れていかれたりして!パスポートに「こいつ態度悪い」ってICチップ組み込まれたりして!
イミグレの役員が女性―旅行者も女性、のときが一番遅いと思うねん。これは西洋社会で顕著のような気がするよ。。。なので私は絶対、男性、できたら若い男性のイミグレに並ぶのよね。
それから、ミンスクの行き返り、料金所通過したやん?そこにも、「機械の場合は15秒、人間の場合は30秒以内!」とか書いてあってん。誰か計ってるんかっ!一人で笑ってました、実は(笑)。

コロさん>確かに、可愛いうさちゃんを見ると和みスイッチがオンになりますね~。 必要以上にニコニコしてまうので、はたから見たらこわいかも☆

殿下>そやねん。 びっくりした!
初めてみたと思うわ。
今度じっくり見て(笑)
殿下の列、また遅いかもしれんので。

かなりんさん>ね~、びっくりですよね。
そして、そのスイッチがどのように反映されるのか興味津々です。
次回はおしてみて、リポートしますねっ。

かおりん隊長>とっても不満足をおすのは、めっちゃ勇気いるよね。
本人を目の前にして。
はりせんとか飛んできたりして?
あ、それは大阪とちゃうから、ないか。
時間の早さを競うのが中国のブームなんかな?

v-15おお!すごい偶然!ちょうど今さんまの番組「ニュースSP」で、それやってました!
このタイミングで銀ママのブログを読んだのもすごいけど・・

紹介していたのは北京空港。来年のオリンピックに向けて、世界からのゲストを迎える準備要素のひとつなんだって。
そのスイッチは旅客の満足度を調査するもので昇格するためにこのポイントを稼がないといけないんだってさ

なので、ひたすら愛想よく対応してるんだって。愛想のいい中国人って、その文化に反しててキモいような気がしないでもないけど・・・

そこまでしないと笑わない国民もどうかと思うけどね。ま、中国らしいわ~v-15

うーむ、サービス向上委員会なのね。
まあ、無愛想なやつらいっぱいおるもんな。
中国系はやっぱり愛想がない人が多いと思うわ。
そのボタン、不満足やったときに目の前で押してみたいどす!

やはり、北京オリンピック意識してますね~。インドのイミグレは、すごいですよ~。
20分かかりますから!!職員同士でおしゃべりしながら作業してましたし。お国柄が
出ますよね~。

銀姫ちゃん、きやわゆーい!
幸せそうに寝てますねぇ♪

えーっ!!
あの中国のイミグレにそんな前向きなサービスが?!

いっつもパスポート投げ返されるわ、私の顔がパスポートの写真と違いすぎるからか?(そりゃ10年ものですからねー)隣の人と笑い転げたり、みてんのかみてへんのか分からんよーな、やる気のなさで、チョットムカツク場面だったから。

オリンピック効果ですかね?
今度は、是非プチっとヒト押しお願いしますっ!

すごいスイッチですね。
逆にそのスイッチが入国者の査定でイミグレの方がポチッと押すんだったら、ドキドキしますね。

Oyajiちゃん>へぇぇぇ、そうなんや。でもね、そう思えば、広州も海南も空港のスタッフ、すごい愛想よかったような。変わって嬉しいような、中国の味がなくなってさびしいような(笑)

きょんこちゃん>不満足を目の前で押すのは結構びびるかも~。
別室に監禁されてなぜ不満足なのかを延々と説明されたりして? 怖いあるよ。

ともちゃんさん>インドはすごいですよね~~~。 もう、おそいとかのレベルじゃないですもんね。
脳内時計のスピードがあたしらの半分なのではと思うぐらいに。
ちなみに荷物検査で、あめちゃんを持ってたら一個ちょうだいと言われてあげたことが。あれもインドやったなぁ。

とびのしんさん>ほんとに幸せそうに寝てますよね。
この寝姿を見てると、あたしの幸せ指数もぐーーーーーんとアップします。

ららさん>ほんと、びっくりしました。
ええことですよね。
サービス向上は。
しかも、スタンプの押し方もすごい丁寧になってました。
昔やと、なんで、わざわざこんなとこに、っていうこともありましたが。

ダイヤさん>ひゃ~、ほんま(笑)
向こうに不満足!とかっておされたら、こわい。
反対に大満足やったら頭の上でくす球われるとか?
楽しいイミグレや。

9月に行った時に深セン行くつもりだからその時一緒に行こう&スイッチも勇気を持って押すにょら

じゅんじゅん>9月、予定どうりにくるのね~~~~! 嬉しい!!!!!!!!
行こう、行こう!
楽しみにしてる!!!!

そのボタン押すの勇気いるー。イミグレの係員の態度?スタンプ押してもらうだけだし、どう評価するんかな???日本だって、イミグレの係員は、喜怒哀楽全くなし、のっぺらぼうみたいな恐い顔してスタンプ押すだけだもんなー。笑顔の人みたことないしー。面白いシステムねー。

ちーちゃん>ほんまね、評価基準ってすばやさだけやと思うねんけど。
でもね、スタンプがすごい丁寧におしてあった。場所とらんように。
日本も他の場所の異常な愛想のよさを思うと、イミグレ、もうちょっと愛想よくてもええんとちゃうのんと、ふと思うたり。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

 銀ママこと、咲乃月音

Author: 銀ママこと、咲乃月音
1967年大阪生まれ。
1994年より香港在住。
第3回日本ラブストーリー大賞に
入賞、作家デビュー。
家族はウサギの銀姫と
アメリカ人のケガニちゃん。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。